ステロイド外用薬をドラッグストアや個人輸入で購入することは可能なのか?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 2時間待ちの1分診療。アトピー診療の現場ではよくある話だ。2時間待っても「いつもと同じ薬を出しておくね」で診察が終わってしまう。「これって意味があるのか?」って思ってしまう。皮膚の状態がいつもと違うときなどは診察をしてもらうことが必要だが、アトピーの状態が安定しているときは、診察に関してあまり必要性を感じられない。「同じ薬をもらう」という目的を果たすためだけに病院に行っているのだ。だから忙しいときなどは、診察を受けずにステロイド外用薬だけをどこかで手に入れることはできないかなと思ってしまう。

 そこで病院を受診せずにステロイド外用薬を手に入れる方法がないのか調べてみた。調べた結果、ステロイド外用薬を手に入れる方法が2つあることがわかった。一つはドラッグストアやネットなどで市販薬として購入する方法。そして二つ目は海外から個人輸入で購入する方法だ。それぞれ見ていこう。

ステロイド外用薬をネットやドラッグストアで市販薬として購入

 市販薬として売っているのは下記のような薬だ。ベリーストロング以上の強いランクのステロイド外用薬は市販では売られていない。比較的、ランクの弱い薬が市販薬として販売されているようだ。ただし注意点がある。それは主成分が同じでも医療用のステロイド外用薬と濃度が違うことがある点とステロイド以外の成分(かゆみ止めや抗生剤など)が配合されているものがあると言う点だ。

同じ主成分が配合されているステロイド外用薬
ランク 病院からの薬 市販薬 注意点
ストロンゲスト デルモベート 売っていない
ジフラール 売っていない
ベリーストロング マイザー 売っていない
アンテベート 売っていない
フルメタ 売っていない
ネリゾナ 売っていない
ストロング フルコート

抗生剤配合
リンデロンV
抗生剤配合
ボアラ 売っていない
プロパデルム 売っていない
ミディアム キンダート 売っていない
アルメタ 売っていない
リドメックス
濃度が違う
【第(2)類医薬品】ムヒアルファEX 15g 【4...

【第(2)類医薬品】ムヒアルファEX 15g 【4…
価格:785円(税込、送料別)

かゆみ止め配合
【第(2)類医薬品】ゼリア新薬 プレ...

【第(2)類医薬品】ゼリア新薬 プレ…
価格:862円(税込、送料別)

かゆみ止め配合
【第(2)類医薬品】メンソレータムメディ...

【第(2)類医薬品】メンソレータムメディ…
価格:1,201円(税込、送料別)

かゆみ止め配合
【第(2)類医薬品】テレスHi ...

【第(2)類医薬品】テレスHi …
価格:1,490円(税込、送料別)

かゆみ止め配合
かゆみ止め配合
かゆみ止め配合
かゆみ止め配合
資生堂薬品 エンクロン 軟膏EX 12g...

資生堂薬品 エンクロン 軟膏EX 12g…
価格:1,100円(税込、送料別)

かゆみ止め配合
ロコイド
【第(2)類医薬品】 セロナ軟膏 20g 【...

【第(2)類医薬品】 セロナ軟膏 20g 【…
価格:1,020円(税込、送料別)

濃度が違う
濃度が違う
濃度が違う
ウィーク
かゆみ止め配合
【第(2)類医薬品】テラ・コート...

【第(2)類医薬品】テラ・コート…
価格:612円(税込、送料別)

抗生剤配合
かゆみ止め配合
《大正製薬》 エマゼン軟膏 10g   ...

《大正製薬》 エマゼン軟膏 10g   …
価格:595円(税込、送料別)

殺菌成分配合
ゼリア新薬 ドルマイコーチ軟膏 6g...

ゼリア新薬 ドルマイコーチ軟膏 6g…
価格:315円(税込、送料別)

抗生剤配合
オイチミンD 10g[指定第2類医薬品]【3...

オイチミンD 10g[指定第2類医薬品]【3…
価格:756円(税込、送料別)

かゆみ止め配合
かゆみ止め配合

ステロイド外用薬の濃度が違う

 私が病院から処方してもらっているステロイド外用薬の中にリドメックス軟膏がある。同じ成分のものを購入するとしたら上記の表で言うと★【第(2)類医薬品】リビメックスコーワ 軟膏 10g [セルフメディケーション税制対象商品]などになるのだが、これは濃度が薄いのだ。詳しく言うとリドメックス軟膏、リビメックス軟膏ともにステロイドの「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル」と言う成分が配合されている。ただリドメックス軟膏はこの「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル」が1g中3mg含まれているのに対して、リビメックス軟膏は1g中1.5mgしか含まれていないのだ。要するに半分の濃度なのだ。単純に考えると濃度が薄いと効果も弱いことになる。(リビメックス軟膏はアンテドラッグなので一概には言えないが)市販薬のステロイド外用薬を購入するときは、このように濃度が違うと言う点にも注意しなければいけない。

処方薬と市販薬の濃度の違い
商品名 ステロイドの量
処方薬 リドメックス軟膏 1g中 プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル 3mg
市販薬 ★【第(2)類医薬品】リビメックスコーワ 軟膏 10g [セルフメディケーション税制対象商品] 1g中 プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル 1.5mg

ステロイド外用薬以外の成分が配合されている

 市販薬の中にはステロイド外用薬以外の成分が配合されているものがある。かゆみ止めや抗生剤が配合されており、よりかゆみを抑えたり、化膿を防いだりすることができるようになっているのだ。例えば処方薬のフルコートはステロイドが配合されているのだが、市販薬のフルコートFはステロイドと抗生剤が含まれており、配合成分が違うのだ。かゆみが強かったり、ジュクジュクと化膿しているときには良いかもしれないが、病院で処方してもらっているステロイド外用薬の代替品として考えている場合には、純粋にステロイドだけが配合されているものを選んだ方が良いだろう。

処方薬と市販薬の配合成分の違い
商品名 配合成分
処方薬 フルコート ステロイド配合
市販薬 フルコートF ステロイド配合
抗生剤配合

市販薬で私が使うならコレ!

 私は、顔にはロコイド軟膏、体にはリドメックス軟膏を使っている。両方ともミディアムクラスのステロイド外用薬だ。これらの代替品として市販薬を使うなら、セロナ軟膏とリビメックス軟膏だろう。処方薬のロコイド軟膏やリドメックス軟膏と比べるとステロイドの濃度が半分だが、余計な成分が配合されていないからだ。他の市販薬には抗生剤やかゆみ止めなどが配合されているものが多い。場合によってはそれらの成分が配合されている方がよいケースもあるかもしれないが、処方薬の代替品として使うなら必要ないだろう。特に抗生剤が配合されているものを使うと、いくら塗り薬と言え耐性菌の問題もでてくるので処方薬の代替品として長期間使うには適さない。

ロコイド軟膏の代替品としてお勧めする市販薬
【第(2)類医薬品】 セロナ軟膏 20g 【ゆうメール送料80円】
処方薬「ロコイド」と同じステロイド成分配合。ロコイドと比べ、配合されている濃度は半分だが、余計な成分が配合されておらず安心。
リドメックス軟膏の代替品としてお勧めする市販薬
【第(2)類医薬品】【興和新薬】リビメックスコーワ軟膏 5g 【RCP】【02P24Dec15…
処方薬「リドメックス」と同じステロイド成分配合。
リドメックスと比べ、配合されている濃度は半分だが、アンテドラッグステロイドのため、効果は高い。

アトピー治療薬を海外から個人輸入で購入する

 前述のようにネットやドラッグストアでもステロイド外用薬を購入することができるが、比較的ランクの弱いものに限られる。もう少しランクの強いステロイド外用薬がほしいときは、個人輸入で購入する方法がある。個人輸入ならランクの強いステロイド外用薬の扱いがあるのだ。

 私はアトピーが酷いときにはベリーストロングクラスのマイザー軟膏を使っている。そのため、病院に行かずにベリーストロングクラスのステロイド外用薬を入手できれば嬉しいのだが・・・。

個人輸入は怖いもの?

 海外からの個人輸入と言うと何か胡散臭いようなイメージがある。「海外の薬なので安全性に問題があるのでは?」「粗悪品が混ざっているのでは?」「個人輸入なんて違法ではないの?」と思うかもしれない。確かに個人輸入でのトラブルは色々と報告されている。しかし、色々と調べてみると方法を間違えなければこれらは問題にならないようだ。

信頼できる代理業者選びが大切

 個人輸入は基本的に代理業者を経由して行われる。この業者選びが大切で、ここを間違わず信頼できる業者を選べばトラブルはほとんどないようだ。私はオオサカ堂と言う代理業者を選ぶことにした。ここは販売実績が10年以上と実績もあり、HPに専門機関の成分鑑定書を公開しており信頼もできる。実際、男性型脱毛症の治療でプロペシアのジェネリックを個人輸入しているが、全くトラブルはない。

 また、個人輸入の違法性についてだが、個人で使用する範囲の輸入なら問題はないようだ。詳しくは厚生労働省のHP参照

個人輸入で購入できるステロイド外用薬

 個人輸入で扱いのあるアトピー治療薬を調べてみた。市販薬では売っていないような強いランクのステロイド外用薬を購入することができるようだ。またステロイド外用薬ではないが、アトピー治療でよく使われているプロトピック軟膏も購入することができるようだ。

 ただし私が使っているマイザー軟膏の扱いはなかった。個人輸入で代替するなら同じベリーストロングクラスの[R2]ネリゾナ軟膏0.1%ジェネリックトップコート(Topcort)0.1% 15gを代わりに購入するしかないないだろう。

同じ主成分が配合されているステロイド外用薬など
ランク 病院からの薬 個人輸入できる薬
ストロンゲスト デルモベート
ジフラール 売っていない
ダイアコート 売っていない
ベリーストロング ネリゾナ
フルメタ
マイザー 売っていない
アンテベート 売っていない
プロトピック軟膏

個人輸入は全て自己責任

 市販薬とは違い、ステロイドの濃度は同じなので同等の効果が得られるだろう。ただし個人輸入した薬によって副作用などが現れても全て「自己責任」になる。処方薬と違い副作用の補償制度が適用されないのだ。個人輸入でステロイド外用薬を購入するときはそれを了解の上、使うべきだろう。

病院に行かなくてもステロイド外用薬を手に入れることができるが・・・

 このような方法で病院に行かなくてもステロイド外用薬を手に入れることはできる。状態が安定していて、いつも同じ薬を使っているのなら、このような方法で手に入れるのも一つの方法かもしれない。ただ、市販薬や個人輸入だけに頼るのは怖いことだ。アトピーは常に状態が変化して寛解と増悪を繰り返す病気だ。更にアトピー以外の皮膚病も併発しやすい。そのようなときに病院でフォローしてもらえるようにかかりつけの皮膚科にも定期的には診てもらうことが必要だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする