ステロイド外用薬を個人輸入で購入してみた!

ステロイド外用薬を個人輸入で購入してみた!

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 前回の記事でもお伝えしたが、ステロイド外用薬は海外からの個人輸入で購入することができる。(ステロイド外用薬をドラッグストアや個人輸入で購入することは可能なのか?)わざわざ病院に行かなくても手に入れることができるのだ。今回は実際に私が個人輸入でステロイド外用薬をゲットしたのでその方法をお伝えする。

やさしいタイプのステロイド外用薬は市販で売っている

まず私が使っているアトピー治療薬は下記のような薬だ。

現在使っている薬
薬品名 用法
ロコイド軟膏:白色ワセリン 1日2回顔
リドメックス軟膏:白色ワセリン 1日2回体
リドメックスローション 1日2回頭
マイザー軟膏:白色ワセリン 体のひどいところ
フェキソフェナジン錠60mg かゆいとき

 この中でベリーストロングクラスのマイザー軟膏以外は市販薬として購入することができる。比較的弱いランクのステロイド外用薬やかゆみ止めの内服なら市販薬として売っているのだ。

アトピーの処方箋薬を市販薬で代替
薬品名 市販で売っている代替薬
ロコイド軟膏:白色ワセリン 【第2類医薬品】【メール便なら送料+80円でOK】【☆】クラシエ薬品株式会社ロコイダン軟膏 1…
リドメックス軟膏:白色ワセリン 【第(2)類医薬品】【興和新薬】リビメックス軟膏 10g【RCP】【P20Feb16】
リドメックスローション 【第(2)類医薬品】リビメックスコーワローション 8g
フェキソフェナジン錠60mg 【第1類医薬品】【毎日ポイント2倍】【久光製薬】 アレグラFX(鼻炎薬) 28錠【RCP】

 だから今回はマイザー軟膏クラスのステロイド外用薬を個人輸入で購入することにした。

個人輸入はネットショッピングと変わらない

 まず個人輸入の基本的な説明になるが個人輸入は代理業者を経由して薬を購入する仕組みになっている。「輸入」と言う言葉に仰々しさを感じるが、代理業者のHPから購入するので、よくあるネットショッピングとたいして変わりはない。

大切なのは代理業者選び

 ただこの代理業者選びは大切だ。ここを間違えると粗悪品をつかまされることもあるので注意が必要だ。私が選んだのは実績があるオオサカ堂と言う業者だ。男性型脱毛症治療薬であるプロペシアのジェネリックもこの業者から個人輸入しているが、特にトラブルなく利用できているのでお勧めだ。

実際の購入方法

 まずオオサカ堂のHPにアクセスした。そして検索窓にマイザーと入力する。

マイザー検索

 前回の記事でもお伝えしたが、やはりマイザー軟膏の取り扱いはないようだ。

 しかし、マイザー軟膏のジェネリックならあるかもしれないと思い、マイザー軟膏の成分名であるジフルプレドナートで検索してみた。

 しかしこれもヒット無し。

 「やはり、マイザー軟膏は個人輸入では購入できないか・・・」と思った。

 しかし、ここで諦めずマイザー軟膏と同じランクのステロイド外用薬を探してみた。マイザー軟膏はベリーストロングに分類されるステロイド外用薬だ。オオサカ堂のHPをくまなく探してみるとステロイド外用薬のランク表と言うものがでてきた。そこにはストロングクラスのステロイド外用薬ものっており、オオサカ堂から購入できるようだ。

 「マイザー軟膏ではないが、同じランクのステロイド外用薬なら問題ないか」と思い同じランクのフルメタと同成分であるトップコート(Topcort)0.1% 15gを購入することにした。具体的な購入方法については私がプロペシアのジェネリックを購入したときのことを他のサイトに掲載しているので参考にしてほしい。(プロペシアの個人輸入方法〜注文手順はこのくらい簡単〜

保険診療と比べると個人輸入はやはり割高

 トップコートは1本15gで1,884円。保険診療でもらうマイザー軟膏と比べるとかなり割高だ。保険診療は3割の負担ですむが、個人輸入では全額負担しなければいけないので当然と言えば当然だ。この価格差をどう考えるかだ。「少しでも安い方が絶対に良い」と思うなら今まで通り病院で処方してもらう方が賢明だろう。また、ベリーストロングクラスでは軟膏タイプが売っていなかった。今回はクリームタイプになってしまったので、患部があれて傷ができている場合などは刺激が強過ぎるかもしれないので注意が必要だ。

個人輸入を上手に使っていこう

 ただ、今までは「病院に行かないと絶対に薬をもらえない」と思っていたので、別の方法でも薬を購入することができるとわかって少し安心した。病院にいかなければいけないと言うのが少なからずストレスになっていたからだ。だから私は個人輸入を上手く使っていこうと思う。忙しくどうしても病院に行けないときやアトピーの状態が安定しているときにはこれからも利用するつもりだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする