30代、薄毛に悩むアトピーの私がプロペシアをはじめました!

 こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

遺伝とアトピーの影響でハゲまっしぐら!?

 若いときのように髪の毛を上げておでこを全快にすることができなくなってきた30代。少しずつおでこの広がりが気になってきた。父は典型的なハゲで、おでこと頭の境界線がわからない状態だ。そんな遺伝子を受け継いでいるのでハゲても仕方がない。また、アトピーが酷いときに気が狂ったように頭を掻きむしっていたので、そのときのダメージも毛根には悪い影響を与えているのかもしれない。

アトピーだから育毛剤は怖い

 遺伝+アトピーの影響で将来的には正真正銘のハゲになることが予想される。だからそうならないうちに何らかの対策をしたほう方がよいとは思っていた。しかし、育毛剤などを頭皮に塗るのは抵抗があった。頭にはリドメックスローションを塗っているし、訳の分からないものを塗ってアトピーが悪化したら困ると思っていたからだ。

その名前はプロペシア。アトピーでも大丈夫?

 そんなときに気になっていたのが爆笑問題がでている脱毛症治療薬のCM。他の育毛剤とは違い医者に処方してもらう薬で、何か効果がありそうなことを言っている。「お医者さんに相談だっ!」と言う爆笑問題の言葉そのままに、私はいつも通っている皮膚科の医者にアトピーでもその薬を使うことができるのか相談してみることにした。

 医者は「そのCMで言っているのはプロペシアという脱毛症の薬。アトピーでも大丈夫だと思うよ。確かに脱毛には効果的だから使ってみる?」と言ってくれた。「おぉ!アトピーでも大丈夫なんだ。これでハゲなくてすむかも」と安心した。ただそのあとすぐに「でもプロペシアは保険が効かないから高いよ」と言われた。費用は一ヶ月分で約一万円かかった。それでも効果があるなら仕方がないと思い使ってみることにした。

プロペシアの副作用で頭皮から浸出液が・・・

 プロペシアを使い始めて二週間ほどしたとき頭皮に変化が現れた。皮膚があれて浸出液がでてきたのだ。「えっプロペシアの副作用・・・?」と一瞬思った。しかしこのときは体調が悪かったのでその影響がでているのかもしれないとも思った。体調を崩し副鼻腔炎になってしまい抗生剤などを飲んでいたのだ。とりあえずプロペシアの服用を一旦中止し、副鼻腔炎を治してからまた飲み始めることにした。副鼻腔炎が治ってからプロペシアを再開したら、浸出液がでることはなく副作用らしきものも全くなかった。プロペシアの副作用と言う訳ではなかったようだ。

プロペシア効果あり!ただ費用が高い・・・

 それからプロペシアを3ヶ月ほど続けた。ハゲへの効果としては毛が生えてくることはなかったが、抜け毛はあきらかに減った。だから「続ける価値はある」と思った。しかし、問題は費用だ。やはり毎月一万円の出費は痛い。そこでもっと安くプロペシアを手に入れる方法はないのだろうかと調べることにした。アレグラをフェキソフェナジンにしてもらったようにジェネリックに変えてもらおうかと思ったが、プロペシアのジェネリックは当時日本では発売されていなかった。(現在は発売されている)

個人輸入なら費用は10分の1!?

 「このまま医者に頼んでプロペシアを処方してもらうしかないのか・・・」と半分諦めながらパソコンで調べていると「プロペシア個人輸入」という文字が目に入った。どうやら個人輸入でプロペシアを購入することができるらしい。これなら医者にかからなくていいので診察代がいらない。しかも海外ならプロペシアのジェネリックも発売されているのだ。費用は一ヶ月分で千円弱。なんと医者にプロペシアを処方してもらうより10分の1も安いのでだ。

 そこで私は個人輸入でプロペシアのジェネリック(フィンペシア(キノリンイエローフリー新タイプ)1mg)を購入することにした。ただし、個人輸入はなにが起きても個人の責任になるようなので、購入するサイトなどは真剣に調べた。(参考にしたサイト:育毛方法ランキング2014!おすすめ人気No1育毛商品とは・・・!?

 それから、今まで約一年ほどプロペシアのジェネリック(フィンペシア(キノリンイエローフリー新タイプ)1mg)を飲み続けている。抜け毛も減っていて、おでこの広がりは進行していない。そしてアトピーに悪い影響もでていない。

プロペシアはアトピーに影響がない

 アレルギー体質の私はアトピーの薬以外はなるべく飲まない方がよいと思っていた。思わぬ副作用が現れてアトピーが悪化するのが怖いからだ。でもプロペシアに関しては全くと言っていいほどアトピーに悪影響はなかった。今のところハゲの進行も防げているようだし、これからもハゲないように服用を続けたいと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする