アトピーが良くなった~その基準は人それぞれ~

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 アトピーの症状は人それぞれ。ほとんどアトピーとわからないぐらい軽症の人から昔の私のようにフランケンシュタインのような風貌になってしまうほど重症のものまで千差万別だ。だから「アトピーが良くなった」と言ってもそれはその人の基準によるところが大きい。

 例えば重症アトピーだった私が「アトピーがかなり良くなったんですよ!」と言っても、軽症アトピーの人からすれば「えっ?まだ肌は赤いしカサカサで酷いよ・・・」と思われるかもしれない。それでも私の基準の中ではアトピーが良くなっているのだ。

 もちろんアトピーとは全くわからないぐらい良くなることにこしたことはない。ただ、アトピーは完治しない病気だ。皮膚のスキンケアは一生続けないといけないし、私の肌がアトピーではない人と同じように奇麗になることはないだろう。

 でも最近はそれでも良いと思っている。別に悲観的になっている訳ではないが、昔と比べればかなり肌の調子が良いし、かゆみも軽減されている。普段の生活で「アトピーだから・・・」と物事を諦めることもほとんどない。

 昔の私はアトピーの完治をひたすら目指していた。薬物治療を必要とせずアトピーとは全くわからないぐらい奇麗な肌になることを目標にしていた。ただ、それは難しいとわかってからアトピーと上手に付き合っていくことを覚悟したのだ。「薬をしっかり使いながらスキンケアを続けて安定した状態を保っていこう」と思うようになったのだ。

 そのように思うと気持ちがずいぶん楽になった。少しでもアトピーが良くなると素直に嬉しく思えた。「これで十分幸せだな」と思えるようになったのだ。

 アトピーが良くなったと思う基準は人それぞれだ。端から見るとまだまだアトピー肌だが少しでも良くなると単純だから嬉しくなる。「あっ今日はかさつきが少ない」「昨日より肌がしっとりしている」こんな些細なことでテンションが上がるのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする