アトピー治療のゴールとは〜完治しなくてもいいんじゃない〜

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

アトピー治療のゴール=アトピーの完治?

 昔の私は「アトピー治療のゴール=アトピーの完治」と思っていた。半永久的にステロイドも使わず治療を全くしなくても奇麗でサラサラの肌にならないといけないって思っていたのだ。

アトピーは完治しない

 ただこれは理想で到底無理な話だ。軽症のアトピーなら可能かもしれないが、私のような重症アトピーの場合は不可能だ。アトピーはアレルギー疾患であり日頃のスキンケアは欠かせない。薬の塗布など治療を全く必要としない状態になることは不可能なのだ。

色々なことを楽しみ幸せになることが目的

 だから今の私は「アトピー治療のゴール=アトピーを気にせずやりたいことができる状態を維持すること」と考えている。そもそもアトピーを治療する目的は「幸せになりたいから」だ。アトピーのことを気にせず色々なことを楽しみ幸せになることがアトピーを治療する目的だと私は思う。それはアトピーが完治しないとできないことなのだろうか。いや違う。完治せずともアトピーをある程度コントロールできていれば、気にせず色々なことを楽しむことができる。だから「アトピー治療のゴール=アトピーを気にせずやりたいことができる状態を維持すること」と考えている。「アトピー治療のゴール=アトピーの完治」でなくてもいいんじゃないって思うのだ。

私のアトピー治療のゴール

 私のアトピーは完全には治っていない。かゆみもあるし肌の炎症やかさつきもある。毎日のステロイドの塗布も欠かせない。ただ以前と比べてアトピーのことが気にならなくなっているし、やりたいことも躊躇せずできるようになっている。だから私にとっては今の状態がアトピー治療のゴールであり、この状態を保つことが何より大切だと思っている。アトピーが完治しないと悲観的になっている訳ではない。ただアトピー治療の本来の目的を考えると、アトピーが完治しなくてもいいんじゃないって思うのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする