重症アトピーが寛解して変わったこと〜自信を持てるようになった〜

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 17〜20歳まで脱ステロイド。それによりアトピー重症化。試行錯誤を繰り返しながら、39歳の今では寛解状態を保つことができている。

 重症アトピーの頃と今を比べると、私自身随分変わった。見て目はもちろんだが、中身、つまり性格が大きく変わったように思う。今回は重症アトピーから寛解して変わったことをお伝えする。

自分に自信が持てるようになった

 重症アトピーのときは相手の目を見て話すことができない。なるべく自分の皮膚を隠そうとしてしまう。「なんで俺だけこんな皮膚なんだ・・・」と自分の見た目にコンプレックスを持つようになり、どんどん自信をなくしていった・・・。

 アトピーが寛解して一番変わったことは「自信」だ。自分に自信を持てるようになったことが一番変わったことだ。自信がつくと生活のありとあらゆることが変わった。

コミュニケーションが増えた

Rear view of a business man giving a speech at a seminar

Rear view of a business man giving a speech at a seminar

 まずはコミュニケーションだ。自分の皮膚がきれいになっていくのと比例して、人とコミュニケーションをとることが増えていった。相手の目をしっかり見て話すことができるようになり、不安もなくなっていったのだ。話すことが楽しくなって、どうすれば相手が喜ぶような会話ができるのかなどを考えるようにもなった。

性格が明るくなった

 そして性格も随分かわったと思う。自分で言うのもなんだが、重症アトピーのときと今の私では、人格そのものが違うのではないかというぐらい変わった。人と話すことが多くなり明るくなった。笑っている時間も多くなったのだ。

 重症アトピーの頃は「アトピーのせいでこんなネガティブに考えてしまうんだ」と言う思いも多少あったが、元々こんな性格なのかなとも思っていた。だから今明るくなった自分を客観的に見て「俺ってこんな性格だったんだ」と驚くこともある。それぐらい性格が変わったのだ。

外見だけでなく内面も変わる

 重症アトピーが寛解すると、見た目だけでなく内面も変わる。自信が持てるようになり、明るくなるのだ。物事に対しても以前よりはポジティブに考えれるようになった。本当に寛解して良かったと思っている。

 私がアトピーを寛解状態にするために行ったことは重症アトピーからの帰還~私がアトピー改善のために行った3つのこと~に詳しく書いている。この記事が一人でも多くの重症アトピーの方のためになれば嬉しい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする