アトピーでうつ病併発。そんなときは・・・

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

アトピーにうつ病を併発するケースがある。

「そりゃそうだよな」と思う。

アトピーは気持ちが滅入ることの連続だ。

痒みで掻きむしって自己嫌悪に陥ったり、自分の顔を鏡で見てガクッと落ち込んだり。

外見を気にして人とのコミュニケーションを避けてしまうこともある。

そして少しでも良くなるとものすごくハッピーになって・・・・生活の中で感情の振り幅がかなり大きい。

そんな生活を続けていると心がおかしくなっても不思議ではない。

うつ病を併発しやすいのも納得だ。

アトピー重症化で心が不安定に

私自身アトピーとは長い間付き合っているがうつ病と診断されたことはない。

ただ、あくまで診断されていないだけ。

アトピーが重症化していたときは、引きこもりのような状態になったこともあるし、人生を終わらせようと思ったこともある。

それが心の病からなのかアトピーが重症化して自分の見た目に絶望を感じたからなのかはわからない。

そのときに心療内科を受診することがなかったから。

でもそのときの精神状態は紙一重のようなものだった。

グラグラと不安定でいつポキッと折れてもおかしくない状態だった。

「こんな見た目では生きてはいけない・・・」

「こんな状態がいつまで続くんだろう・・・」

将来に対して不安しかなかった。

周りと比べて落ち込んでばかりの日々だった。

今から思えばうつ病を併発していたのかもしれない。

では心の病気になったとき、どうすれば良いのか?

開き直って自分を認める

もう開き直るしかない。

「自分はアトピーで苦しんでいるんだから心の病気になっても仕方ない。むしろこれぐらいで済んでいる方がすごい」

って具合に開き直る。

実際、そうだと思う。

程度にもよるがアトピー持ちは本当に辛い生活を送っていて頑張っている。

アトピーとのいつまで続くかわからない人生を試行錯誤しながら頑張っているのだ。

その頑張りは自分にしかわからないことが多い。

誰もわかってくれない。

いやむしろ誰かにわかってほしいと思っていないのかもしれない。

だから自分自身で頑張っていることを褒めて開き直ろう。

そうするとちょっとだけ心が軽くなる。

そしてそのときを乗り越えれば少しだけ自信がつく。

そうやって少しずつ自信を積み重ねていく。

それがアトピーと上手に付き合っていく方法だと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする