えっ!?ステロイド外用薬の副作用で皮膚が厚く硬くなる?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 ステロイド外用薬の副作用には多くの誤解がある。嘘八百のことから内服のステロイドと混同されていること、真実だが過剰に伝えられていることなど様々だ。その中の一つに「ステロイド外用薬の副作用で皮膚が厚く硬くなる」と言われることがある。ただ、これもステロイド外用薬の副作用に関する嘘のひとつだ。

皮膚へのダメージにより厚く硬くなる

 アトピー性皮膚炎は重症化すると皮膚が厚く硬くなる。何度も何度も皮膚に炎症を起こしダメージを与えて続けていると皮膚がそのようになるのだ。決してステロイド外用薬の副作用ではない。

 私もアトピー性皮膚炎が重症化していた20歳前後の頃は皮膚が厚く硬くなっていた。痒いから掻く。炎症を起こす。薬で抑えるがまた痒くなって掻く。その繰り返しで皮膚はボロボロ。浸出液が常に出ているほどになり皮膚の奥深くまでダメージを与え続けていた。その結果、皮膚は肥厚していった。触ってもガサガサでゴツゴツ、まるで象のような皮膚をしていた。

ステロイド外用薬への誤解

 肥厚するほどアトピー性皮膚炎が重症化しているケースではステロイド外用薬を長期間に渡って使っていることが多い。だから「皮膚が厚く硬くなる=ステロイド外用薬の副作用」と誤解されてしまったのだろう。

 ただ、この厚さや硬さはあくまで皮膚へのダメージの結果であり、ステロイド外用薬の影響ではない。アトピー性皮膚炎が軽快してくると、これらの症状も改善してくる。実際、私の肥厚した肌もステロイド外用薬の適正使用や生活習慣の改善により徐々にしっとりした状態に戻っていった。重症アトピーからの帰還~私がアトピー改善のために行った3つのこと~参照。

ステロイド外用薬により皮膚の厚さや硬さを治すことができる?

 皮膚が硬くなるのは炎症が長く続いた結果でありステロイド外用薬の副作用ではない。逆にステロイド外用薬をしっかり使って治療することにより皮膚の厚さや硬さを治すことができるのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする