えっ!?梅雨はアトピーには良い季節?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 どんよりしたグレーの空。降り続く雨。ジメジメした空気。「あ〜梅雨ってなんでこうスッキリしないだ・・・」と仕方がないことに嘆いてしまう。カラッとした気持ちのよい夏が待ち遠しくなる。

 ただ、その反面、梅雨が明けないで欲しいと言う気持ちもある。なぜなら・・・

アトピーの調子が良い梅雨

 4月、5月は季節の変わり目であり花粉も飛んでいたので、アトピーの調子はかなり悪かった。肌がかぶれたような状態になり、かさつきも酷かった。それが梅雨になると打って変わって良くなったのだ。

 肌から赤みが消え、かさつきも治まった。かさつくどころか、肌は弾力がでてきてもっちりしている。更にかゆみもかなり治まっている。生活習慣に変化はないのにアトピーの調子が良くなったのだ。自分でも「なんで?」と思ってしまうぐらいだ。

梅雨のジメジメがアトピーには良い?

 主観的な意見を言うと恐らく湿度の問題かもしれない。梅雨は湿度が高くジメジメしていて気持ちが悪いが、乾燥しがちなアトピーの肌にとっては良いのだろう。肌に水分を保つことが苦手ですぐに乾燥してしまうアトピー肌にとって、湿度が高い梅雨は良い影響を与えるのだろう。

ジメジメ梅雨も良いのかな

 ジメジメしていてスッキリしない季節である梅雨。気持ちも曇りがちになるが、アトピーにとって良いのならこのジメジメも苦ではなくなる。世間的には嫌がられるが、アトピーにとっては案外良い季節と言えるのかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする