これって皮膚萎縮線条!?アトピーである私の鼠蹊部の写真

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 アトピー性皮膚炎の治療にステロイド外用薬は必要だ。これがないとアトピー性皮膚炎を寛解状態に保つことは難しい。いや私の経験上、難しいと言うか無理だと思う。脱ステロイドをして地獄の日々を過ごしてはっきりとわかった。アトピーにステロイド外用薬は必要だ。もうかれこれ何十年とステロイド外用薬を使い続けているが、そのおかげで今ではなんとか症状は落ち着いている。

ステロイド外用薬の副作用「皮膚萎縮線条」

By: www.audio-luci-store.it

By: www.audio-luci-store.it

 ただ、ステロイド外用薬を長年使っていると局所的な副作用が現れてしまう。その一つが「皮膚萎縮線条」だ。皮膚萎縮線条とは皮膚が薄くなってしまいその場所にひび割れのような筋ができることだ。見た目には妊娠線のようなものだと言われている。

私の鼠蹊部に皮膚萎縮線条 !?

img_0578

 「皮膚萎縮線条」は皮膚が薄く柔らかい場所。そして動作によって皮膚が伸ばされる場所に現れやすいと言われている。私の体にも皮膚萎縮線条らしきものが現れている。鼠蹊部の皮膚がかなり薄くなっており筋が入っているのだ。

 ただ、医師に「これはステロイド外用薬の副作用である『皮膚萎縮線条』ですよ」と言われた訳ではない。私が勝手にステロイド外用薬を継続使用していること、皮膚が薄く筋がはいっていることにより「皮膚萎縮線条だろうな」と思っているだけだ。

 皮膚萎縮線条は治るのは難しい副作用と言われている。長年の皮膚へのダメージが蓄積されて現れたものなので消すことはほぼ不可能なのだ。

皮膚萎縮線条なんて大したことではない

 長年ステロイド外用薬を使ってきて私の肌に現れている皮膚萎縮線条らしきもの。確かに見た目は美しいものではない。ただ「別にたいしたことではないな」と思っている。顔面など人の目に触れる場所がこのような状態になればやはり気になるが、現れているのは鼠蹊部で人には見えない場所だ。だからそこまで・・・いや全くと言っていいぐらい気にはしていない。

 それにステロイド外用薬を今まで使い続けたおかげで私のアトピーは寛解状態を保つことができている。だからこの副作用が現れてもステロイド外用薬を使ってきたことに後悔はない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする