しまったっ!健康診断のときにアトピーが悪化していた!

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 私の会社では毎年3月に健康診断を行っている。近くの総合病院に行き、血液・尿検査、血圧、視力・聴力検査、身長・体重、胸部レントゲン検査、心電図検査、胃カメラ検査をしてもらうのだ。ただ今回は行く前から少し憂鬱だった。なぜならいつもよりアトピーが悪化していたからだ・・・

 健康診断は内容によっては上半身を見せなければいけない。例えば心電図検査のときには上半身はほとんど裸にならないといけない。上半身裸になるとアトピーが悪化しているのを見られてしまう。他人にアトピーが悪化しているのを見られたくないのだ。しかもアトピーが悪化している場所は主に上半身。健康診断で裸にならないといけない上半身が特に悪化していたのだ。だからとても憂鬱だった。

 いざ、健康診断が始まった。血液・尿検査、血圧、視力・聴力検査などが終わって、次ぎに心電図検査。「あ~裸にならないといけない。嫌だな・・・」と思って検査室に入った。検査室に入ると「上半身は衣服を上げてください」と思った通り検査の方に言われた。恐る恐る上半身のTシャツをまくり上げた。赤く斑に広がっているアトピーの皮膚があらわになった。自分で見ても「酷いな・・・」と思うような状態だ。

 ただ検査の方は私のアトピーを見ても何もリアクションをとることはなく、慣れた手つきで淡々と作業を進めた。医療職なので毎日色々な患者を見ている。その中には重症のアトピー患者もいるだろう。だから私のアトピーにもたいして驚かなかったのかもしれない。

 だが心の中では「可哀想だな」とか「かなり皮膚があれているな」とか思っていたのだろう。そりぁこんな状態だったらだれでもそう思う。別に仕方がないことだし、30年以上アトピーと付き合っているのでこんなことは今まで何回もあった。

 しかし、やはり見知らぬ人にアトピーが悪化しているのを見られるのは辛い。来年からはステロイド外用薬のランクを上げるなどして、もう少しアトピーのコンディションを整えて健康診断に望もうと思う。できるだけアトピーが寛解している状態で健康診断に行くようにしたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする