どうすればアトピーの身体を掻かないようにできるのだろうか?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 「身体を掻かないようにしてアトピーを治そう」アトピーが重症化していた頃の私はかゆみを我慢することにより、なんとかアトピーを良くしようと必死だった。。毎日毎日強烈なかゆみに襲われて掻きむしる。そして皮膚はボロボロ。「なんで掻いてしまったんだ・・・」掻きむしったことによる罪悪感と鏡に映るボロボロの自分に対する絶望感に叩きのめされる。「明日からは絶対に掻かない!」何度何度も決意した。でもやはり掻いてしまうんだ。

物理的に掻けないように試したが・・・

 掻かないように色々なことを試行錯誤した。爪を極限まで短くして皮膚を傷つけないようにした。分厚い手袋をはめて掻けないようにした。寝ている間に掻かないように紐で手を縛って自由にならないようにした。物理的に掻けないように色々試した。でもどれもうまくはいかなかった。

 アトピー性皮膚炎のかゆみを掻けないようにすることで抑えるのは不可能だった。結局は耐えられず掻いてしまう。我慢が足りないとかそんな次元ではない。アトピー性皮膚炎のかゆみは我慢なんてできっこないのだ。だからアトピーの身体を掻かないようにするためには、かゆみそのものを抑えるしかない。

ステロイド外用薬が一番?

 それには痒くない状態に持っていくこと。要するにアトピー性皮膚炎をより良い状態にすることだ。「それができれば苦労しない」と言われそうだが、それしかないのだ。私の場合はステロイド外用薬に頼った。適切な強さのステロイド外用薬を適切な期間、適切な量で塗る。至極当たり前と言えば当たり前のことなのだが、これが一番効果的だ。ステロイド外用薬に対するバッシングは色々あるが私はこの治療法がアトピーに対して一番適していると思っている。詳しくは重症アトピーからの帰還~私がアトピー改善のために行った3つのこと~参照。

フェキソフェナジンでかゆみを抑える

 また、私の場合はフェキソフェナジンと言うかゆみ止めの薬も飲んでいる。毎日飲んでいる訳ではないのだが「あっ?今日は少しかゆみが強いな」と思うときに飲むようにしているのだ。かゆみ止めに関しては効果がある人ない人がいるようだが、私の場合は幸い効果が出ている。飲むとかゆみが軽減するので助かっている。市販で売っているフェキソフェナジンと主成分が同じ薬は【第2類医薬品】アレグラFX(セルフメディケーション税制対象)(28錠)

アトピー性皮膚炎をより良い状態に保つ

bty

 ステロイド外用薬やかゆみ止めで痒くない状態を保つこと。これがアトピーの身体を掻かないようにする最善の方法だろう。アトピー性皮膚炎のかゆみは、物理的なことなどで強引に抑えても我慢できるものではないのだ。アトピー性皮膚炎をより良い状態に保つことが身体を掻かないことに繫がるのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする