どくだみ茶ってアトピーに良いの?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 母親は私のアトピーを治すのに必死だった。当時中学生だった私のアトピー性皮膚炎は決して良い状態とは言えず炎症と乾燥を繰り返していた。思春期の私はそんな自分の肌が大嫌いでいつも落ち込み下を向いていた。そんな私を気にして母親は必死になって行動してくれていた。「◯◯と言う病院が良い」と聞けば私を連れて行き、「△△を食べればアトピーが治る」と聞けばすぐに購入。私のアトピーのために毎日奔走してくれていた。

美味しくないドクダミ茶

 そんなある日、母親が「今日からコレを飲みなさい」と言って出してきた濃い茶色の飲み物。それがドクダミ茶だった。鍋に大量のドクダミの葉を入れて煮出して作っており台所は異様な臭いで包まれていた。独特の苦さがあり子供ながらに「不味い・・・」と思った。でもアトピーをなんとか治したいと言う気持ちが強く藁をもすがる思いだったので私は毎日ドクダミ茶を飲み続けた。

デトックスや便秘解消効果を期待

 ドクダミは十薬とも呼ばれ体にとても良いとされている。高血圧や糖尿病を予防したり疲労回復を期待することができる。中でもアトピー性皮膚炎に関して言えば体内の毒素を排出してくれるデトックス効果や便秘解消効果がドクダミの良いところだろう。

 デトックス効果で体の老廃物や毒素が排出されキレイになれば肌トラブルは少なくなる。また、便秘が解消すれば腸内環境も改善され、これまた肌トラブルがなくなっていく。アトピー性皮膚炎にとってデトックスや便秘解消の効果はとても嬉しいことなのだ。

私のアトピーにどくだみ茶は効果がなかった

 ただ、当時の私のアトピー性皮膚炎はドクダミ茶を飲み続けても一向に良くならなかった。苦みを我慢して飲み続けたが、皮膚は炎症で赤いままだし乾燥でかさかさ、かゆみも強いままだった。ドクダミ茶を飲もうが飲むまいが症状は全然変わらなかったのだ。

 私のアトピー性皮膚炎になぜドクダミ茶は効果がなかったのだろうか?恐らくこの考え方自体が間違っているのだろう。ドクダミ茶でアトピー性皮膚炎を治そうではなく、色々なことの一つとしてドクダミ茶を捉えるべきだったのだ。

ドクダミ茶はあくまで補助的なものとして

 アトピーはこれだけすれば良くなると言うものはない。色々な要素が絡み合って増悪したり寛解するので単一的に考えて対応したのではダメなのだ。ドクダミ茶を飲みながらも薬物治療をしっかり行う。そして食べ過ぎや睡眠不足、便秘にならないように健康的な生活を送る。色々なことに注意することが大切だ。

 ドクダミ茶はアトピーに効果がないとは言わないが、それだけ飲めば良くなると言うものでもない。しっかり薬物療法も続けながら補助的なものとして飲むのであればドクダミ茶はおススメできるかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする