またできたっ!アトピーはニキビができやすい

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 プツッ。黄色く丸まると化膿した皮膚を潰す。風船のように張りつめた皮膚が破れ膿みが溢れ出す。勢い余って見ている鏡まで飛び散ることもある。皮膚を絞っていくと最後の方に芯のような膿みがでてくる。痛みはあるがここまで絞りきるのが好きだ。

ニキビを潰さずにはいられない

 ・・・といきなり化膿した皮膚を潰す話をしたが、私の顔にはよくニキビができる。ニキビじゃなく吹き出物と言うのだろうか。これを潰すのが好きなのだ。皮膚のことを考えるとニキビを潰すのは良くない。でも気になって気になって一度触ってしまうと潰すまで我慢できないのだ。このようなことが皮膚の治りを悪くするのだろう。わかっているのだがやめられないのだ。

 でもなぜアトピーである私の肌はニキビができやすいのだろうか。

① 薬をたっぷり塗るのが悪いのか?

nankou

 たっぷり薬を塗るため皮膚呼吸ができなくなるからだろうか?確かに私は顔にたっぷりの薬を塗っている。「なんか顔がテカっていない?」と言われるぐらいたっぷり塗っている。それぐらい塗った方が効果的でアトピーを良い状態に保てるからだ。ただ、たっぷり塗り過ぎて毛穴が詰まってしまいニキビができやすくなっているのかもしれない。

② かさかさアトピー肌が原因?

 または抵抗力が弱く皮膚感染しやすいからだろうか?私の肌は水分量が少なくかさかさと乾燥している。乾燥すると皮膚のバリア機能が低下しニキビ菌などにも感染しやすくなると言われている。アトピー特有のかさかさ肌がニキビ菌の格好の餌食になっているのかもしれない。

③ 顔を触って感染?

 さらによく顔を触るのもいけないのかもしれない。かゆみや皮膚症状がありついつい顔に手がいってしまう。いや、かゆみがなくても触っているので顔を触るのが癖みたいになっているのかもしれない。指先には色々な菌が付着している。そんな指で顔を触りまくっていたらニキビ菌が感染してしまっても仕方がないだろう。

 このような理由から私の顔にはニキビがよくできる。でもニキビのような発疹ができたときに注意しなければいけないことがある。それは・・・

ニキビとヘルペスを間違えないように

 ニキビのような発疹ができたときに注意しなければいけないのがヘルペスとの鑑別だ。アトピー肌は免疫力が低下しやすいのでニキビだけでなくヘルペスにもなりやすい。ニキビは多少放っておいても問題にはならないが、ヘルペスの場合はそうはいかない。抗ウイルス薬でしっかり治療しないと、どんどん患部が広がっていくこともある。また、アトピー性皮膚炎患者に発症しやすいカポジ水痘様発疹症になり重症化することもあるのだ。

 だから「ん?いつもと違う発疹ができている」と思ったらすぐに皮膚科医に診断をしてもらった方が良いだろう。

ニキビ予防を心がける

 アトピーの私にはニキビができやすい要素がたくさんある。しかもできたら潰さずにはいられないので厄介だ。なんとかニキビができないようにしたいが、アトピーと付き合っている以上ある程度は仕方がないのかもしれない。しっかり洗顔して皮膚を清潔に保ち乾燥を防ぐ。これらを心がけて少しでもニキビを予防したいと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする