アトピーで掻き過ぎて毛量が減ったら元には戻らない?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 アトピー性皮膚炎は頭皮まで及ぶこともある。しかも頭皮のアトピーは厄介で掻きむしって毛根まで傷つけてしまうと、あとあと髪の毛が生えてこないので大変だ。私も重症アトピーの頃のなごりで毛根がやられている。

毛根まで掻きむしると・・・

 少し掻くぐらいなら毛根までやられることはないだろう。ただ、アトピーのかゆみは強烈だ。掻いても掻いても皮膚の内部からかゆみが襲ってくる。なかなかスッキリしない。何度も何度も掻きむしって「やっとスッキリした・・・」と思い頭皮を見てみるともうズタボロになっている。毛根までやられてしまって髪の毛は生えなくなってしまう。

重症アトピーの影響で・・・

 私の場合は耳の横や後頭部のあたりの毛根がやられて髪の毛が生えなくなっている。要するにハゲているのだ。17歳から20歳まで脱ステロイドをしてしまいアトピーが重症化したことによる後遺症だろう。当時は本当にアトピーが酷い状態で体全体が悪化していたのだが、頭皮もご多分に漏れずかなりの状態だった。かゆみは強烈で毎日のように掻きむしっていた。頭皮は炎症と言うよりもただれている感じで皮膚がズル剥けしていた。そしてそこから絶えず浸出液が溢れ出ており髪の毛がいつもカピカピになっていた。そんな状態が4年も続いた。その間、頭皮にはかなりのダメージを与えたはずだ。その影響でアトピー重症化を脱した今でも頭皮から髪の毛が生えてくることはない。毛根までやられてしまっているので仕方がないのだ。

円形脱毛症?

 また、今でも頭皮のかゆみが強いときはよく髪の毛が抜ける。掻いているとパラパラと髪の毛が落ちてくるのだ。しかもよく見ると円形脱毛症のように所々丸いハゲになっていることもある。ただ、これに関してはそこまで頭皮を掻きむしっていないので毛根まではやられていない。だから気がつけば髪の毛は生えてきて元に戻っていることが多い。

かゆみを抑えてハゲないように

 だから、アトピーで掻き過ぎて毛量が減っても毛根がやられていなければ元に戻るのだ。「アトピーでハゲ」なかなか悲惨な組み合わせなので頭皮のかゆみを抑えてこれ以上ハゲないように注意しようと思っている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする