アトピーで陰部が痒くなる!その対策とは?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 「インキンか!?」思わずそう思ってしまう程、陰部が痒くなることがある。陰部の毛根から血がでるまで掻きむしってやっとかゆみが治まる。痒い、痒い、痒い・・・。何なんだこの痒さは。

 陰部は一度痒くなると掻きむしらないと治まらない。だから痒くならないようにすることが大切だ。

陰部はしっかり乾かす

 一般的にアトピーは乾燥するとかゆみが増す。乾燥により皮膚の防御能力が低下し刺激に対して過敏になるからだ。ただ、陰部の場合は湿っている方がより痒くなるような気がする。お風呂上がりにしっかり乾かさずパンツを履いたり、汗をかいて蒸したりしたときは猛烈に痒くなる。だから陰部はしっかり乾かすことが大切だ。

 入浴後は陰毛までしっかり乾かす。また、汗をかいて蒸れたときはパンツを履き替えることも有効だ。私の場合、夏場は朝晩一日二回パンツを履き替えている。

パンツの中を清潔に

 陰部を清潔に保つことも大切だ。不潔にしているとアトピー以外の皮膚病になることもある。前述の話ではないがアトピーでインキンにでもなってしまったら悲惨だ。汚い手で陰部を触ったり、汚れたままにしていてはダメだ。

 情けない話だが40間近になれば尿道の締まりも悪くなる。排尿したあとに残尿があり、パンツの中で少し漏れてしまうこともある。それをそのままにしているとパンツの中の衛生状態は悪くなる。パンツが汚れたときはすぐに履き替えることが大切だ。

 また、私が実践しているのだが一日二回の入浴はとても有効だと思う。今でも陰部が痒くなることはあるが、入浴を一日二回にしてからはその頻度も軽減した。入浴により皮膚を清潔に保つことで陰部のかゆみを抑えることができているのだろう。

我慢できず掻いてしまったら・・・

ridomeku

 それでも我慢できず掻いてしまったら、すぐにステロイド外用薬を塗るようにしている。陰部はステロイド外用薬の吸収が良い部位なので強いものを使う必要はない。私の場合はミディアムクラスのリドメックス軟膏と白色ワセリンを混ぜたものを使っている。血がでるまで掻いた後、すぐに塗るようにしている。掻いたあとにそのままにしていると患部から血や汁が出てきて衛生状態が悪くなる。すぐに処置することが大切だ。

アトピーによる陰部のかゆみは辛い

 陰部のアトピーは本当に辛い。かゆみが強烈だからだ。また場所が場所だけに掻いているところを人に見られるのも恥ずかしい。だから痒くないようにすることが大切だ。陰部を蒸れないようにして清潔に保ち、痒くない状態にするよう私は努めている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする