アトピーの人が抱える「働く」ことに対する悩み

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 時として、アトピー性皮膚炎は日常生活を送ることさえ難しくなるほど悪化してしまう。今でこそ私のアトピーは落ち着いているが二十歳前後の頃は本当に悲惨な状態で動くことさえ難しくほとんど寝たきりの状態だった。当時の私は学生だったのだが、社会人になってこんな状態になってしまうと働くことなんて到底無理だ。でも働かないと生きていけない。アトピーを抱えながら「働く」ことはとてもしんどいことだ。

アトピーが悪化しないように働き方を考える

 アトピーがどれだけ悪化しても社会からの支援はない。特別な病気に指定されている訳ではないからだ。だから仕事のことに関しては自分で何とかしないといけない。自分でできることと言えばアトピーが悪化しないように働き方を考えることだ。

 何をすればアトピーが悪化するのか。アトピーが悪化する要因をなるべく排除しながら働く。例えば疲れを溜めないように残業を極力断るとか生活サイクルが乱れやすい夜勤のシフトには入らないとか、不衛生な仕事はしないなどになるだろう。ただ、こんなことをすればまわりから嫌われるのも時間の問題だろう。アトピーの人にとって働くとは本当に辛いことだ。「なんとか働きやすい環境になれば」と思う。

アトピーのことをわかってもらう

 アトピーの人が働きやすい環境にするためには、もっと病気のことを世間に認知してもらう必要がある。決してズルして休んでいるんではない。サボりたいから仕事に行かないのではない。アトピーが酷くなると働けないこともあると言うことをわかってもらうのだ。

 ただ、世間的には「アトピーで働けない」なんて信じてもらえないだろう。アトピーと言っても見た目ではほとんどわからないほど軽症の人もいるし、うまくコントロールできている人もいる。いやそんな人の方が数で言えば多いだろう。だからアトピーが重症化して見るも無惨な姿になり動けないことになるなんて想像できない人が多いのだ。だから「アトピーで働けない」なんて言うと「そんな訳ないだろ!」と言う声が返ってくるのだ。

アトピーの情報を発信していく

Rear view of a business man giving a speech at a seminar

 こんな認識を改めるためには、もっともっと情報を発信していくことが大切なんだろうと思う。アトピー性皮膚炎は重症化すると動けなくなり働きたくても働けない状態になることをわかってもらうのだ。アトピーの人が抱える「働く」ことに対する悩みは深刻だ。もっとアトピーの人が「助けて!」と声をあげやすい世の中に、そして働きやすい環境になればと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする