アトピーの人に適した職業って何だろう?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 アトピーの人にとって職業選びはとても大切だ。アトピー性皮膚炎はちょっとした生活リズムの変化や精神的ストレスなどで増悪する。「働き方」を含めどんな職業に就くのかはとても悩ましい問題だ。そこで今回は社会人生活18年を迎えた私がアトピーの人にとって適した職業とは何なのかを考えてみた。あくまで主観的な意見なのであしからず。

アトピーに悪い職業

 「アトピーの人に適した職業は何だろう?」と考えたときに「この職業が良い」と言うのではなく「こんな職業はアトピーには悪いよな」と言う消去法の方が考えやすかった。アトピー性皮膚炎に向いていない職業をあげてみる。

身体的・精神的疲労が多い職業はアトピーには向いていない

 疲労はアトピー悪化の要因となる。運動などの心地よい疲労や適度のストレスなら全く問題ないのだが、過度の残業による身体的疲労や精神的疲労はアトピーをすぐに悪化させてしまう。だから残業が常態化していたりストレスを受けやすい職業はアトピーの人には向いていないだろう。ブラック企業は勿論ダメだが、医師や教職員は残業が多くストレスを受けやすい職業なのでアトピーの人には向いていないように思う。

生活リズムを乱しやすい夜勤がある職業はアトピーには向いていない

 アトピーを寛解状態に保つためには生活リズムを整えることが大切だ。いつも同じ時間に寝て同じ時間に起きる。睡眠時間をしっかり確保することが大切だ。そのためには仕事の時間も毎日一定の方が良い。その日によって就業時間が変わる夜勤がある職業はアトピーには向いていない。例えば看護師や消防士などは夜勤があり生活リズムが乱れやすいのでアトピーには向いていないように思う。

紫外線を浴びる屋外作業が多い職業はアトピーには向いていない

 アトピー性皮膚炎にとって紫外線は天敵だ。ただでさえ皮膚のバリア機能が弱いアトピー肌は紫外線を浴びると一気に悪化してしまう。写真は私が屋外に2,3時間いて日焼けしてしまったものだ。

 アトピーの人はなるべく紫外線を避けることが必要だ。だから屋内作業の職業を選ぶべきだろう。屋外での作業が多い土木作業員や建築関係の職業はアトピーには向いていないように思う。

アトピーの私が就いている職業

 ここまでアトピー性皮膚炎に向いていない職業を書いてきた。それでは実際、私はどうかと言うと、一日何十人の人と接するサービス業のような職業に就いている。大学を卒業してから今の職場で働いているのでかれこれ18年続いている。

 アトピーでありながら人と接するサービス業と言うのは辛いこともある。アトピーで顔があれているときも笑顔で人と会わなければいけない。「こんな顔を人に見せたくない」と思ったり、肌を見られ「嫌がられていないかな・・・」と思い苦しくなったこともあった。でも人と接するのが好きなので続けることができた。アトピーでも結局好きな職業なら続けることができるのだ。だから本当はやりたいこと、なりたい職業に就くのが一番良いのかもしれない。

あくまで一つの情報として

Rear view of a business man giving a speech at a seminar

 今回お伝えしたことはあくまで私の主観的な意見だ。アトピーだからと言って躊躇せず自分の好きな職業に就けば良いと思うし、なりたい職業を諦める必要なないと思う。ただ、職業によってはアトピー性皮膚炎に悪影響を与えることもあるので、一つの情報として知って頂ければと思い書いてみた。これから職業を選ぶ人のためになればと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする