アトピーの子はアトピー!?

 こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 私には小学1年生になる子供がいる。とても可愛い一人娘だ。自分にとって子供は目に入れても痛くないほど愛おしい存在である。子供が生まれる前からずっと思っていたこと、それは「俺の子はアトピーになるんじゃないか」ということ。アトピー体質が遺伝するってことは証明されているしね。しかもうちの奥さんもアトピーだ。アトピーと言っても時々肘の辺りがかさつく程度で、私に言わせれば「そんなのアトピーにはいらねえよ」って言いたくなるぐらいのもんだけど。ただ、そんなアトピー体質の二人の子供だからアトピーになる確率は高く「もし子供ができてアトピーになったらどうしよう。昔の自分のような苦しい思いをさせるのは絶対に嫌だ」とずっと一人で思ってきた。

子供がアトピーになってもいいじゃない

 あるとき奥さんにこのことを話したら「アトピーになったらなったでそのとき考えよ。もしなったとしてもうちらがアトピーなんだから気持ちはわかってあげられるしね」と笑顔で言ってくれた。この言葉で心がずいぶん軽くなった。私のアトピーは今現在は軽快しておりアトピーと楽しく付き合っているんだから、もし子供がアトピーになったとしても同じように対応すればいいじゃないかと思えるようになった。

やっぱり子供がアトピーになった

 それから子供ができた。そして子供が生後3ヶ月ぐらいのときに頬のあたりに発疹が現れた。すぐに受診したが、まだ生まれて間もないのでアトピーなのか乳幼児湿疹なのかわからないと医者に言われた。このときはロコイド軟膏が処方された。さすがにステロイドだけあって塗るとすぐによくなった。ひどくなる前にロコイド軟膏で対応したので、子供の湿疹はそれ以上悪化しなかった。皮膚の状態によって塗ったり塗らなかったりするのがそれから数ヶ月続いた。これで落ち着いたように思っていたが・・・。

 子供が1歳のときに再び発疹が現れた。今度は腕に現れた。頬の発疹よりもひどく、ロコイド軟膏で様子を見ていたがよくならないので皮膚科を受診した。今回ははっきりと「アトピー性皮膚炎ですね」と医者に言われた。そのときはリドメックス軟膏が処方された。ロコイド軟膏よりもやや強めのステロイドだ。

悪化する前にステロイド!

 アトピーと診断されたことを機に、我が子への本格的なスキンケアを始めた。一番大切なのは悪化する前に手をうつこと、つまり悪化させないことだ。具体的にどうしたかと言うと「少し荒れてきたかなぁ」と思ったら迷わずステロイド(リドメックス軟膏)を使った。皮膚の状態が落ち着いてからもステロイドを1〜2週間は塗り続けた。

毎日の保湿剤は必須

 そして状態がすこぶる良くて「薬は何もいらないだろう」と思うようなときでも保湿剤を使うようにした。朝とお風呂上がりの1日2回使った。保湿剤はビーソフテン軟膏と言うものを使っている。皮膚科から処方されたものだ。医者は市販の保湿剤でも良いと言っているのだが、ビーソフテン軟膏の使用で調子が良いので続けている。今後、医者が処方してくれなくなったら市販の保湿剤に変えるつもりだ。保湿剤は6歳になる現在まで毎日欠かさず使っている。「面倒くさいわぁ・・・」と言いながらも、今では子供が自分で塗っている。

見た目にはアトピーとわからない

 毎日のスキンケアにより幸い子供のアトピーは重症化せず良い状態を保てている。時々「荒れているかな」と思うときもあるが、そんなときはステロイドで対処しているので悪化することもない。夏の日焼けシーズンでは友達と同じように真っ黒になっているし、冬の乾燥シーズンでもかさつきはそこまで気にならない。見た目にはアトピーとはわからないぐらいだ。ただアトピー体質であることは変わりないので、今後も手を抜かずにスキンケアを行っていくつもりだ。

アトピーの子はアトピー。それでも大丈夫。

 アトピーの子がアトピーになるのは仕方がない。だって顔や体型が親に似るように体質も似るのだから。ただ子供がアトピーになったとしても毎日のスキンケアを欠かさず、悪化しそうなときに正しい対応をすれば良い状態を保てる。だから子供アトピーになったとしても大丈夫だ。以前の私のように過剰な心配をすることはないんだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする