アトピーの状態によって働き方をコントロールできたら・・・

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 アトピーを患っていると働き方には気をつけないといけない。アトピーを悪化させるような働き方は避けなければいけないのだ。身体に負担がかかるような長時間労働や夜勤などの仕事は辛い。また、過度のストレスがかかるような仕事も極力避けた方がよい。アトピーはストレスに弱く速攻で肌に現れるからだ。

 「仕事が溜まっているから徹夜で残業しよう!」なんてことは即アトピー悪化に繫がるし、「接待で朝まで飲み屋をハシゴ」なんてこともキツい。アトピーのものにとっては疲れが溜まり生活リズムを崩しやすい過酷な仕事は難しいのだ。

 ただ、「アトピーだから何もできない」なんてことはできれば避けたい。このblogのサブタイトルにもなっているがアトピーだからと言って躊躇しないことも必要だと思う。だから仕事をうまくコントロールする必要がある。自分のアトピーの状態によって働き方を変えていくのだ。状態が良いときはバリバリ働いて、悪いときは少しセーブする。そんな働き方ができたら理想だ。

 それにはまわりの協力が必要になってくる。アトピーの状態が悪いときは残業を控えたり、接待があれば同僚に代わってもらったりしなければいけないからだ。ただ、今の世の中ではアトピー性皮膚炎の本当のところが認知されていないので難しいだろう。重症化すると働くことさえキビシいことなどわかって貰えないことが多いのだ。

 社会人になって過度の疲労や精神的ストレスでアトピー性皮膚炎が重症化する人も多い。だからアトピー性皮膚炎のことが世間にもっと認知されて、状態によって働き方をコントロールできるような社会になれば嬉しく思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする