アトピーの皮膚のただれが治らないときは

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 アトピー性皮膚炎が増悪するとただれてくることがある。浸出液が出て皮膚がジュクジュクしてきたり化膿してくることもあるので厄介だ。そんなときは普段使っている薬だけでは治らないかもしれない。

リンデロンVG軟膏を処方してもらう

 最近はただれるほどアトピーが悪化することも少なくなった。ただ、以前ただれたときは医師に診てもらい抗生剤入りのステロイド外用薬であるリンデロンVG軟膏を処方してもらった。ジュクジュクして化膿までしてくると流石にステロイド外用薬のみでは治らないようだ。

石鹸でしっかり洗う

 また、皮膚のただれを良くするためには清潔にすることも大切だと感じた。ただれたところはヒリヒリするのであまり洗いたくないのだが、お風呂に入ったときに石鹸でしっかり洗って清潔にする。そしてそのあと薬を塗ることが重要なのだ。

おしりのアトピーがただれる

 私の場合はおしりのアトピーがただれることがあった。ただれていつもジュクジュクしていた。おしりなので座る度にパンツが皮膚にべっとり張り付いていた。それを剥がすのが痛いこと痛いこと・・・。パンツはいつも血や浸出液で汚れていた。

 そんなおしりのただれを抗生剤入りのリンデロンVG軟膏を処方してもらいお風呂でしっかり洗うことで良くしていった。一日二回お風呂に入り石鹸を泡立てしっかり洗う。そしてきれいな状態にしてリンデロンVG軟膏を塗る。これを続けることでおしりのただれは良くなっていった。

清潔にして薬を塗る

 基本は清潔にして薬をしっかり塗ること。そして場合によっては抗生剤入りの塗り薬を処方してもらう。これがアトピー性皮膚炎がただれたときに私が行った対応だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする