アトピーの私にとって一番嬉しい言葉

 こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

「小さい頃からアトピーで今も治療しているんだ」私は答える。

「えっ!?そうなんですか?」後輩が驚きの声をあげる。

「アトピーとは30年以上の付き合いだよ。ほらっ」と、アトピーであれている首もとを見せてあげた。

「そうなんですか。いや~全然わからなかったですよ」後輩が答える。

「そう言ってもらえると嬉しいわ」私は笑顔で答える。

 アトピーが軽快している今では私が重症のアトピーを経験していて、今も治療を続けていると言うと驚かれることがある。会話のように「いや~全然わからなかったですよ」と言ってもらえると本当に嬉しくて涙が出そうになる。

 アトピーが重症化していた頃の私にしたら考えられない言葉だ。当時はこんな嬉しい言葉を聞けるようになるなんて思ってもなかった。「自分はずっとアトピーで人の目を気にしながら生きていくんだな」と覚悟を決めていた。恋愛もできず結婚なんて夢のまた夢だろうなと勝手に思っていた。

 それが今では恋愛して結婚し、子供まで生まれた。そしてこんな嬉しい言葉が聞けるようになった。仕事で褒められるより何より私にとっては一番嬉しい言葉だ。「生きてきてよかった」と本当に思う。

 ただアトピーが完治した訳ではない。アトピーとは完治しないものだから。だから今の状態を保てるように治療を続けたいと思う。今の状態が続けば私にとっては完治したことと同じだから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする