アトピーの私はアインシュタインの稲田さんを見て勇気を貰った

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 テレビを見た瞬間わかった。「この人はアトピーだ」と。

 漫才マンtheプラチナと言う関西の漫才番組を見ているとアインシュタインと言うコンビが出てきた。左側に立っているボケ担当で稲田と言う人。特徴的な肌の黒ずみ、かさかさと乾燥した肌感、間違いなくアトピーだとその瞬間思ったのだ。そして「すごい人だな」と思った。

 アトピーなのにテレビの前に立つ仕事をしていること自体すごいのだが、その容姿をボケに利用している。これがすごい。アトピーだとなるべく隠したくなるのだが、それを全面に押し出して漫才師のボケとして舞台に立つ。同じアトピーだからそう思ったのかもしれないが感動してしまった。漫才のネタなんて入ってこず一切笑わなかったが「アトピーなのにすごい人がいるんだな」と何か嬉しくなった。

 そして「この舞台に立つまで色々な葛藤があったんだろうな」とか「テレビの仕事のストレスでアトピーが悪化しないのかな」とか勝手に思ってしまった。芸人さんなんでそんな風に心配されるのは心外だと思うのだが。ただ、アトピーでも気にせず元気にテレビの前に立って仕事をしている。こういう人を見ると「アトピーなんて大したことないのかな」と勇気を貰える。

 勝手にアトピーだと決めつけて私の思うままに書き綴ったのでアトピーじゃなかったらゴメンナサイ。でもアトピーの私が勇気を貰ったのは確かなことだ。これからも頑張ってください稲田さん。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする