アトピーの肘がケロイド状に

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

dav

写真は右ひじの内側だ。薄っすらと色素沈着していたり炎症を起こしていたりする。中でも気になるのがケロイド状に盛り上がっている所だ。

怪我をした訳ではないのに知らぬ間にこんな状態になっていた。恐らく長年の炎症や掻き傷などの影響だろう。

このケロイド部分だが時々猛烈に痒くなることがある。なぜかその場所だけ集中的に痒くなるのだ。

痒くなって掻いて炎症が悪化する。そして強めのステロイドを塗るハメになる。という流れが時々あるのだ。

こんなケロイド部分も痒くなるなんて我ながらあっぱれだ。だてにアトピー歴30数年ではない(笑)。

強めのステロイドを塗れば炎症は治る。だが、ケロイドがよくなることはない。

恐らくこのケロイドは治らないだろう。皮膚が盛り上がってしまって傷跡の様になっているのできれいな状態には戻らないと思う。

アトピー歴が長いとこんな状態になることもある。まぁ老化現象のひとつと思えばたいしたことではないんだけど。

ただ、普段自分の目で見るのと写真で見るのでは違い、自分の腕ってこんな状態なんだなと思った。

なんかおじいちゃんのような腕だ(笑)。まさかアトピーになると老化現象が早くなるのか?それならそうとアンチエイジングに勤しまないといけないかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする