アトピーは鬱病を併発しやすい?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 アトピー性皮膚炎は強烈なかゆみと慢性的な皮膚症状を呈する疾患だ。だがこれらの身体的症状だけでなく精神的にも侵されることがある。荒れはてた皮膚を見ては落ち込んで・・・自信をなくして・・・人と接することが苦手になっていく。心がやられていくのだ。しまいには鬱病を併発する人もいるのではないだろうか。

アトピーで追いつめられると鬱病になる

 17歳から20歳まで脱ステロイドをしていた頃の私の心はズタズタだった。自分で言うのもなんだがアトピーでかなり追いつめられていた。アトピーが酷いと精神的な負担は相当なものだ。いつ良くなるのか全くわからない不安との戦い。正気さえ失いそうになる強烈なかゆみ。鏡の前の自分を見る度に自信は喪失。当時を思い出すとあれだけ毎日追いつめられていれば鬱病にだってなる。

引きこもりの鬱状態

 極度に人と会うことが苦手になっていった。ひたすら誰にも見られないように生活した。「誰とも話したくない。会いたくない。見られたくない・・・」自分が透明人間になれれば良いのになと思った。こんな醜い姿を見られずに生活したいと思ったのだ。人と会うことは必要最低限にした。どうしても学校に行かなければ単位を落としてしまうようなときや一人暮らしでの食事の調達など。それ以外は半分引きこもりの状態。これを鬱病と言うのかどうかはわからないが脱ステロイドをしていたときの私の心はやられていた。

アトピーが良くなるにつれて・・・

 でもアトピーが良くなるにつれて自分に自信が持てるようになり、人と接することが苦ではなくなっていった。皮膚の状態が良くなるにつれて心も晴れやかになっていったのだ。半分引きこもりの鬱状態から脱することができたのだ。重症アトピーからの帰還~私がアトピー改善のために行った3つのこと~参照。

自分を責める必要は全くない

 アトピーが悪化すると心まで侵されて鬱病を併発することもある。だっていつも不安で未来を心配しない日なんてないんだから。そんな心でいたら鬱病にだってなる。でもそれはその人の心が弱いからではない。元凶はアトピーだ。アトピーすら良くなれば鬱病を治すこともできると思う。だからアトピーで鬱病を併発している人がいるなら自分を責める必要は全くない。アトピーが良くなれば心の病気も治っていくのだから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする