アトピーを医師に伝えても「いつもの薬で様子を見ましょう」の一点張り

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 医師によっては患者の訴えをしっかり聞いてくれないことがある。アトピーの状態が悪化していても「いつもの薬で様子を見ましょう」「しばらく経過をみましょう」などで逃げるのだ。もう手の打ち様がないのだろうか。それならそれではっきり言ってもらった方が良い。他の病院に移ることも考えるのだから。

 患者で溢れかえる待合室の中で2時間待ち2分の診察。できるだけ簡潔に今の状態を伝えても期待した返答は得られずいつもの薬が処方されるだけ。こんなことは日常茶飯事だ。今まで多くの医師に合ってきて全てが全てとは言わないがこのような医師は多かった。アトピー性皮膚炎と言う超慢性疾患だから仕方がないのかもしれないが、もうちょっとしっかり診てくれないと困る。

 アトピー性皮膚炎に詳しく患者にも懇切丁寧に説明してくれる病院もあるのだが、住んでいる場所からはかなり遠方だったりする。また、私が住んでいるような地方では慢性的な医師不足で皮膚科の病院なんて本当に少ない。近くの総合病院なんて数年前に皮膚科の常勤医師がいなくなって、ほぼ閉鎖されている状態だ。地方の医療はどうなっていくんだろうと心配になる。

 日本全国に適正な数の皮膚科医が広がり、皮膚科の病院、医院がもっとできればと思う。そして患者の訴えや悩みを丁寧に聞いてくれて「いつもの薬で様子を見ましょう」の一点張りにはならないような医師が増えてほしい。今回はアトピー患者として少し愚痴ってみた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする