アトピービジネスに騙されないために

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 アトピー性皮膚炎は寛解と増悪を繰り返す慢性疾患で重症化するとその人の人生を狂わすほどの病気だ。既存の標準治療では良くならず毎日毎日地獄のような苦しみを味わっている人もいる。「なんとかこの病気を良くしたい」その一心で色々なことを試そうとする。医学的な根拠なんて全くない怪しい民間療法でも「アトピー性皮膚炎が良くなった人がいる」と聞けば試してしまう。私もその一人だった。

「アトピーに効果がある」と言われて購入

 小学生の頃、母親に「今日からコレを飲んでみて」と言われた。「アトピー性皮膚炎に効果がある」と業者から母親が聞きつけて購入したものだった。茶色の瓶に入った液体で魚の腐ったような味がした。かなりマズかった。聞いたことがないような会社が販売しているもので、母親は隠していたが何万円もするものだった。

 今から考えると絶対に怪しいものだとわかるのだが、当時は藁をもすがる思いでその得体の知れない液体に期待した。私も母親もアトピーをなんとかしたい一心だった。何ヶ月も飲み続けたが勿論アトピーが良くなることはなかった。莫大な費用がかかっただけだった。アトピービジネスに騙されたのだ。

アトピー患者の悩みにつけ込む

 アトピービジネスをしている業者はあの手この手で患者の「なんとか治したい。良くしたい」と言う心に付け入ってくる。「もしかしたら私に合うかも・・・」と患者は騙され幻想を抱いてしまうのだ。そして全く効かず、ときには今以上に悪化して地獄の底に突き落とされる。

 騙される方が悪いと言う考えもあるかもしれないが、アトピー性皮膚炎患者の「何とか良くしたい」と言う気持ちを金儲けに利用するのは許せない。深刻な悩みを助けるふりをして騙すのが許せないのだ。

医学的根拠がないものは信じない

 患者側がもっと賢くならなければいけないのかもしれない。「民間療法にろくなものはない。医学的根拠がないものは信じない」これが私の到達したアトピー治療に対する考えだ。中には民間療法で良くなった人もいるかもしれない。でも私のアトピー性皮膚炎には合わないし、合わない人の方が多いとも思う。

アトピービジネスに騙されないために

 病院の標準的な治療ではなかなか治らなかったり副作用が心配になることもある。そんなときに藁をもすがる思いでアトピービジネスの業者に頼ってしまう気持ちはよくわかる。「もしかしたら自分(自分の子ども)にはこの治療法が合っているのでは・・・」と期待してしまうのだ。

 でもそのときに「その治療法には医学的な根拠があるのか?」と問いかけてほしい。調べてみてほしい。今ではネットの普及で様々な情報を入手できる時代だ。アトピー性皮膚炎のガイドラインだって閲覧できる。訳のわからない治療法をはじめる前に自分で勉強することも大切だと思うのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする