アトピー性皮膚炎でインフルエンザの予防接種は危険なの?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 アトピーなどアレルギー持ちの場合は予防接種には注意が必要と言われている。入っている成分によってアレルギー反応を起こしてしまい血圧低下や喘息発作、発疹などの症状を引き起こしてしまうことがあるからだ。

アトピーの私は毎年予防接種を受けている

 ただ、私は社会人になって16年間毎年インフルエンザの予防接種を受けている。毎年11月になると会社の方から「インフルエンザの予防接種を受けますか?」と聞かれるのだが、躊躇なく「勿論受けます!」と答えている。そしてインフルエンザの予防接種を受けたことによりアトピーが悪化したり体調を崩すこともないのだ。

インフルエンザワクチンは鶏卵をベースに作られている

 ではなぜアトピー性皮膚炎の患者はインフルエンザの予防接種に注意しなければいけないのだろうか?それはインフルエンザの予防接種は鶏卵をベースに作られているからだ。アトピー持ちの場合、卵に対してもアレルギーを持っているケースがある。実際、私は小学生のときに卵を食べて蕁麻疹がでたことがある。恐怖っ!?皮膚がボコボコに!卵を食べた後の運動で蕁麻疹が参照。そのことからアトピー持ちの場合、製造段階で鶏卵を使っているインフルエンザワクチンの接種を控えることがあるようなのだ。

卵アレルギーでも重度でなければ問題ない?

 ただ、卵アレルギーでも重度でなければ問題ないと言う意見もある。確かに私は卵アレルギーを経験しているが重度ではない。社会人の今では卵料理が大好きなぐらいで食べても全く問題ないし。だからアトピーでもあまり気にしなくても良いように思う。予防接種をせずインフルエンザに罹患したり症状が重くなったりする方がアトピー性皮膚炎にとってはマイナスなような気がする。高熱やだるさで皮膚の症状が悪化しかねないからだ。

アトピーでも以外と問題ないことが多い

 アトピー性皮膚炎だからと言って注意しなければいけないことは多い。ただその多くは大丈夫な気がする。何もかも気にし過ぎなのだ。心配するだけ心配して以外と問題ないことが多いのだ。主観的な意見になるがインフルエンザの予防接種もそのひとつではないだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする