アトピー性皮膚炎で頭皮のフケが半端ない

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 私のアトピー性皮膚炎は頭皮まで及んでる。と言うより体の中でも頭皮のアトピーはかなり酷い方だ。かさついたり炎症を起こしたり、もっと酷くなると浸出液が溢れ出たりする。さらに乾燥し過ぎて頭皮の皮がめくれフケまみれになることもある。ふと肩を見ると白い粉が乗っていることなんて日常茶飯事だ。

頭皮のアトピーはすぐに悪化する

 アトピー性皮膚炎は寛解と増悪を繰り返すが頭皮はまさにそんな状態だ。「あっ今日はしっとりしていて頭皮がきれいだな」と言う日もあれば、「かさかさで頭皮がひび割れみたいになっている」と思う日もある。また朝は何ともないのに夜には炎症を起こし浸出液がでているときもあり一日で状態が激変するのだ。

ストレスでフケまみれ

 精神的なストレスには頭皮のアトピーが一番反応するような気がする。仕事が忙しかったりプライベートでイライラすることなどがあるとすぐに悪化し頭皮がカサカサになる。そしてあっという間にフケまみれなのだ(笑)。

不潔が原因のフケではない

 フケまみれになるとまわりの目が気になる。不潔にしているからフケがでている訳ではない。毎日一日二回お風呂に入って頭もしっかり洗っている。清潔さには人一倍気をつけているつもりだ。でも、まわりはそうは思わないだろう。「不潔にしているからフケがでているんだ」と思われているのではないかと気になってしまう。

学生の頃のフケは大問題

 中学や高校でのフケは私にとって深刻な問題だった。学ランと言う真っ黒で白いフケが目立つ制服を毎日着て、席に座ると真後ろに近距離でクラスメイトがいる。思春期の私はいつも肩にフケが乗っていないか気にして振り払っていた。学生のときのフケ問題は私にとって一大事だったのだ。

薬を使いストレスをためないようにする

 40歳間近を迎えた今でもフケ問題を抱えている。増悪の頻度は少なくなっているのだが、やはりフケまみれになることはある。頭皮専用のステロイド外用薬であるリドメックスコーワローションを使うようにはしているが、なかなか良くならないこともある。特に冬場や季節の変わり目、花粉が飛び散る時期は頭皮のフケが半端ない。薬をしっかり使ってストレスや疲労をためないように過ごしていくしかないんだけどね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする