アトピー性皮膚炎の私がインフルエンザにかかったら

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 インフルエンザが猛威を振るっている。同僚や知人でもチラホラかかった人が出始めて、娘の小学校では学級閉鎖になったクラスもある。そんなインフルエンザだがアトピー性皮膚炎のものがかかるとどうなるのだろうか?幸い私は予防接種をしていることもあり、ここ十年以上インフルエンザにはかかっていない。でももしアトピーである私がかかってしまったら・・・。

高温でアトピーのかゆみが増強

 まず高熱で体が熱くなりアトピーのかゆみが増すことが想像できる。私の場合、塗り薬を毛穴が塞がるぐらいたっぷり塗っている。そのため熱がこもりやすい。この状態でインフルエンザによる発熱も合わされば、かなりの高温状態になりかゆみが増すのではないだろうか。

薬が塗れなくてアトピー悪化

 しんどくて薬を塗れないことによりアトピーが悪化することも考えられる。私は朝晩一日二回薬を塗っている。体全身に塗っているので一回に30分ほどはかかる。インフルエンザにかかってしまうと30分も時間をかけて薬を塗ることができないかもしれない。薬を塗れないとやはりアトピーは悪化するだろう。

入浴できずアトピー悪化

 更に風呂に入れないことによるアトピーの悪化もあるだろう。もう十年以上朝と晩の一日二回風呂に入っている。朝はシャワーだけだが。これにより皮膚を清潔に保つことができるし、キレイな状態の皮膚に薬を塗ることもできている。アトピーを良い状態に保つにはとても大切なことだと思っている。ただインフルエンザにかかってしまうと、しんどくて風呂にも入れないかもしれない。それによりアトピーに悪影響を与えることも考えられる。

インフルエンザでアトピーが良くなる?

 ただ、インフルエンザにかかるとアトピーが良くなったと言う話もあるようだ。理由としては高温により体の免疫力が活性化されたため、またしんどくて絶食状態になり食べ物による毒素が体に入ってこないためなどと言われている。ただこれらはネットの情報なので根拠がはっきりとはせず真偽は不明だ。

アトピー持ちはインフルエンザの予防が大切

 色々な意見があるようだが、アトピー持ちがインフルエンザにかかったらマイナス面の方が大きいだろう。体のしんどさは勿論、皮膚にも悪影響を与えかねない。大流行しているインフルエンザだが、これからもうがい、手洗い、マスクの着用を心がけ予防に努めたいと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする