アトピー性皮膚炎の薬って患者の判断に任せ過ぎ?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 薬は医師の指示通り使うことが大切。それにより期待する効果が発揮されるし副作用も最小限に抑えることができるからだ。ただ、アトピー性皮膚炎の薬ってそれが難しく患者の判断で使わざるを得ないこともあるように思う。

 アトピー性皮膚炎の薬はほとんどが軟膏やクリームなどの塗り薬だ。医師からは患部や症状によって使い分けるように指示されることが多い。「この薬は顔に塗ってください。そしてこっちの薬は体に塗ってください」このような指示なら比較的わかりやすいくて良い。

 ただ難しいのは「症状が酷いときはこの薬。良くなったらこっちの薬に切り替えてください」と言うような指示。これは症状の良い悪いが患者の判断になるので難しいのだ。

 アトピー性皮膚炎の症状の良い悪いは見た目やかゆみで判断するしかない。血圧や糖尿病のように「数値が○○以上だから悪化している」などの判断ができないのだ。だから患者が自分の肌の見た目やかゆみの程度で判断し薬を使用するしかないのだ。

 だから医師が考えている使い方と実際患者が行っている使い方が違っていることもあるかもしれない。これは薬物治療を安心・安全に続けるためには問題なんじゃないかなと思う。

 だから、もっとアトピー性皮膚炎の薬の使い方をわかりやすくするべきだと思う。「症状が酷いときはこの薬を」ではなく「症状がこのようになったときはこの薬を◯◯日続けて」と言うふうに具体的に伝えることが必要だと思う。それによりもっともっとアトピー性皮膚炎が寛解していく人もいるのではと個人的に思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする