イハダドライキュア乳液はアトピー性皮膚炎に使ってはダメなの?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 CMで話題の「IHADA」。顔湿疹や顔乾燥に効果ありと言う謳い文句のものでアトピーを患うものにとっては気になる商品だ。だが、イハダドライキュア乳液は「アトピー性皮膚炎の人は使用しないでください」となっているのを知っているだろうか?

 「イハダドライキュア乳液」の添付文書の中で次の人は使用しないでくださいとなっており、その中に「アトピー性皮膚炎の人(軽い症状であっても医師の下で適切な治療を受ける必要があります)」とある。恐らくこれはアトピー性皮膚炎は炎症の度合いによってステロイド外用薬やタクロリムスが治療の主となるので医師の指示を受けないといけないと言うことだろう。自己判断により市販薬でアトピーの治療をすることは重症化にも繫がりかねないので納得だ。

 ただ、アトピーにはダメと書くと語弊があるようにも思う。実際、私の娘はアトピー性皮膚炎だがイハダドライキュア乳液の主成分であるヘパリン類似物質で治療している。ヘパリン類似物質はアトピー性皮膚炎による乾燥に効果があり医療用としても使われる成分なのだ。

 だから主観的な意見だがアトピー性皮膚炎にダメと書くのではなく、使う場合もあるがまずは医師の診断を受けましょうと言うような伝え方の方が良いように思う。重箱の隅をつつくような、あら探しをしているような考え方かもしれないが少し気になったのでこのblogで書いてみた。

 ただ、このように医療用の成分であるヘパリン類似物質が市販でも販売されることは嬉しいことだ。肌の弱いものにとっては選択の幅が広がるので良いことだと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする