ストレス性のアトピーはたちが悪い?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 アトピー性皮膚炎はストレスにより悪化する。「病は気から」と言う言葉があるようにアトピーと心は密接に関係し合っていて、過剰にストレスがかかるとアトピーは悪化してしまう。現代社会はストレスに満ちている。社会人になってアトピーを発症したり、増悪させたりするのはストレスも大きく関係しているのではないだろうか。

 仕事で失敗したり、プライベートで上手くいかなかったり人生は色々だ。色々あるから楽しいのかもしれない。でも色々あり過ぎるとアトピーは敏感に反応してくるから厄介だ。ストレスに対してすぐに反応して皮膚症状として現れてくるのだ。

仕事のストレスでアトピー悪化

 仕事で学生の研修を任せられたときアトピーが悪化した。3ヶ月に渡る研修で教えるプログラムは膨大。その準備や評価などにかなりの時間をあてなければいけなかった。普段の業務も並行しなければいけない。いくら時間があっても足りない状況。そんな中で学生にしっかり教えなければいけないと言うプレッシャーがかなりあって精神的に参ってしまった。過剰なストレスがかかったのだ。そんな状況での3ヶ月間、私のアトピーは悪化してしまった。

心を強くすることがアトピー持ちには必要

 ストレスによるアトピー悪化のたちの悪いところは、その原因であるストレスが解消されないとアトピーが良くならないことだ。私の場合は学生の研修は3ヶ月と言う期間だったので終わればアトピーも改善した。

 ただ、ストレスってなかなか解消されないことが多いのではないだろうか。気が合わない上司。不平不満ばかりの部下。無理難題を押しつける顧客。どうすることもできないストレスは多い。だからストレスに対抗できるように心を強くすることがアトピー持ちには必要なのかもしれない。

 心を強くすることは難しいが仕事やプライベートでストレスがかかって「なんか上手くいっていないな・・・」と思うときに私は自己啓発書を読むようにしている。今まで読んで良かった本はうまくいっている人の考え方 完全版 [ ジェリー・ミンチントン ]【中古】 うまくいっている人の考え方 発展編 /ジェリー・ミンチントン(著者),弓場隆(著者) 【中古】afb後悔しない生き方 [ マーク・マチニック ]だ。気持ちが楽になり自分の悩みが小さなことのように思える本だ。ストレスでアトピーを悪化させないためには自分なりのストレス解消法を持っておいた方が良いかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする