医者のひと言がステロイドに対する誤解を招く!

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 医者にも色んな医者がいる。名医と呼ばれる人もいればヤブ医者と呼ばれる人もいる。薬のことを良く理解して効果と安全性、そして副作用のことをわかりやすく説明してくれる医者もいれば、薬のことを何にも知らず根拠のないことを言ってくる医者もいる。

ステロイドで体重減少!?

 今年3月の健康診断のときの話だ。会社の健診で地元の大きな病院に行き、毎年診てもらっている。そこの健診は色々な科をまわり検査をして、最後に内科医(?)に問診をしてもらうことになっている。

 その最後の問診のときに医者が私に言った言葉がある。「去年より1,2kg体重が減っていますね。ステロイド外用剤を使われているようだし注意した方が良いですよ」と言ったのだ。私は「ん・・・?どういうこと?ステロイド外用剤を使うと痩せるってこと?」と思ったが次の順番の人が待っていたのでそのときは聞き返すことができなかった。

ステロイド外用剤では痩せない!

 「ステロイド外用剤で痩せるなんて初めて聞いたぞ・・・」と私は不安になりその真偽を調べることにした。しかし薬の添付文書と呼ばれるものをインターネットで調べたが、そんな副作用は報告されていなかった。ステロイド外用剤で痩せるなんてどこにも書いていないのだ。

医者の中には根拠のないことを言うものもいる

 ではなぜ健診の医者はそのようなこと言ったのだろうか。昔ステロイドは必要以上にバッシングをされ、悪魔の薬と呼ばれたこともあった。そして有りもしない副作用で騒がれることもあったのだ。この医者はそんなステロイドバッシングの影響を未だに受けて「ステロイド外用剤で痩せる」ようなことを言ったのだろうか?それとも副作用と言う訳ではないが、間接的に何か食欲などに影響する因子がありそれを伝えたかったのだろうか?ただこの医者の言い方だと「ステロイド外用剤の副作用で痩せる」と思ってしまう。私はこの医者に対して不信感が湧き、医者の中にも根拠のないことを言うものがいるのだなと思った。

医者のひと言は責任重大

 医者の言うことは患者にとって絶対的なものになる。白いものでも医者が黒いと言えば黒と思ってしまうこともあるのだ。今回の件でも患者によってはステロイド外用剤が怖くなりやめてしまう人もいるかもしれない。必要のない脱ステロイドをしてしまうことにもなりかねないのだ。

 だから医者にはその発言ひと言ひと言に責任を持ってほしい。医者のひと言がステロイドに対する誤解を招くことがあるのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする