子供のアトピーを完治させることはできるのか

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 アトピーは治らない。これは私の持論だ。アトピーを寛解状態に保つことはできる。でも完治することはないのだ。なぜかと言うと私がそうだからだ。私のように重症化を経験し現在も中等度の大人アトピーの場合、完治はまず不可能だ。

 ただ、子供のアトピーの場合は毎日のスキンケアで完治したような肌を保つことができる。かゆみもほとんどなくツルツルの肌になれるのだ。実際、私の遺伝子を受け継いでアトピー因子を持って生まれた8歳の娘はそのような状態を保つことができている。

 娘のアトピーを完治したような状態にした方法はと言うと・・・

ポイントは保湿

 それは「保湿」だ。アトピー性皮膚炎の肌は水分保持能力が弱くなっている。常にカサカサ乾燥していて、外部からの刺激にも敏感に反応してしまう。そしてちょっとしたことで痒くなる。掻くと肌のバリア機能が破壊されて更に乾燥して痒くなる。この悪循環にハマってどんどん悪化していく。それを防ぐために「保湿」が大切になるのだ。

 娘は2歳から保湿を始めた。本当は生後すぐに保湿をした方が良かったのだが、その時は保湿の重要性をわかっていなかったし肌もあれていなかったので行わなかった。もし、今、子供ができたら迷わず乳幼児のうちから保湿を始めるだろう。

きれいな肌になっても保湿を続ける

 保湿は毎日行った。皮膚の状態が良くて「何も塗らなくても大丈夫だろう」と思うような状態のときでも続けた。アトピー性皮膚炎は悪化してから対応するより悪化させないことが大切だと思う。悪化しているということは既に皮膚にはダメージがある訳だから、ダメージを与えない方が良いのだ。

 ある本に子供のうちから皮膚トラブルのない肌を保つことが大切で、それにより大人になってからも皮膚トラブルの少ない丈夫な肌になると書いてあった。だから皮膚トラブルを起こさないように毎日毎日保湿を行ったのだ。

ヘパリン類似物質がおすすめ

dav

 使った保湿剤はヘパリン類似物質というものだ。病院でも使われている保湿剤でとても保湿力が高い。娘のアトピー肌にはとても合っている保湿剤だ。市販薬としても販売されているので処方箋なしで購入することもできる。

 名前は【第2類医薬品】HPクリーム 60gマーカムHPクリーム 50g【第2類医薬品】[乾燥肌のかゆみ・炎症に]【第2類医薬品】ピアソンHPクリーム(50g)

 このヘパリン類似物質を2歳から8歳になる現在まで毎日使い続けている。そのおかげで前述した通りアトピーとはわからないぐらいきれいなツルツルの肌を保つことができている。

アトピーは完治しないが・・・

 「子供のアトピーを完治させることはできるのか?」と聞かれれば「完治はしないがアトピーとはわからないぐらいきれいな状態に持っていくことは可能だ」と答える。

 ポイントは「保湿」だ。毎日の保湿で肌に潤いを与え負担がかからないようにしておくことが重要だと思う。子供のうちからアトピー性皮膚炎が悪化しないように予防を続けることが大切なのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする