幼児期のアトピー性皮膚炎の症状と対策は?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 私の娘は2歳のときにアトピー性皮膚炎と診断された。私の遺伝子が見事に引き継がれてしまったのだろう。しっかりとアトピーも遺伝されてしまったのだ。当時の主な症状は皮膚の乾燥によるかさつきプラス少しの炎症。大人のアトピーのように皮膚が肥厚したり浸出液がでるまで酷くはなかった。

幼児期のアトピーは薬の効きが良い?

 幼児期のアトピー性皮膚炎は適切な治療をすれば比較的早く軽快するように思う。大人のアトピーと比べると薬の効きも良いし治りも早いのだ。娘の場合は最初はリドメックスコーワ軟膏と言うステロイド外用薬を塗り、その後症状が良くなるとヘパリン類似物質と言う保湿剤に切り替わった。その後はヘパリン類似物質だけで今に至っており、寛解状態を維持している。

娘のアトピーはなぜ良くなったのか?

 娘のアトピーを寛解状態に保てている理由を挙げるとすればステロイド外用薬の適切な使用と保湿剤の継続使用だと思う。

 まず炎症があったときはリドメックスコーワ軟膏をたっぷりと塗った。そして医師が「症状が良くなりましたね。もうやめてもいいですよ」というまで塗り続けた。やはりステロイド外用薬で炎症をしっかり抑えきったのが一番良かったと思う。ステロイド外用薬は怖い薬と思われがちだが、これほど効果的な薬はない。医師の指示通り塗れば速やかに炎症を抑えられるし副作用が問題になることもほとんどない。ステロイド外用薬を忌避して炎症を長引かせるのが一番悪いことだと思っている。

dav

 そして炎症を抑えきったあとは保湿剤によるスキンケアだ。炎症を抑えても娘がアレルギー体質と言うのは変わりがないし、油断をすればアトピーはすぐにでてくる。だから皮膚の状態がどんなに良くても保湿剤の継続使用が必要なのだ。保湿剤を塗ることによって肌の乾燥を抑えることができアトピーが悪化するのを未然に防ぐことができる。アトピーは悪化させてから対応するのではなく、悪化させないことが大切だと思うのだ。

幼児期のアトピー性皮膚炎の対策とは

 幼児期のアトピー性皮膚炎の症状はかさつきが主で比較的薬で対応しやすいように思う。そしてステロイド外用薬の効きも良く、適切な治療をすれば比較的早期に寛解状態に持っていくことができる。ポイントはステロイド外用薬の適正使用と保湿剤の継続使用、この二点だと私は思っている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする