痒いのと痛いのはどっちが辛い?アトピー患者なら答えは決まっている

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 「痒いのと痛いの、どっちが辛い?」

 この質問を世間一般の人が聞いたらどう答えるだろうか?「やっぱり痛いのかな。我慢できないし・・・」「う〜んどっちも嫌だな」など色々な答えが返ってくるかもしれない。普通に生活しているとこのような答えは当然だと思う。しかしアトピーの人に聞くと答えは決まっている。

 「断然痒い方が辛い!」と答える。

 それは本当のかゆみを知っているから、アトピーの恐ろしいかゆみを知っているからだ。普通の人には想像できないぐらいアトピーのかゆみは強烈だ。我慢のレベルを遥かに超えているかゆみだ。

 アトピーのものはかゆみが襲ってきたとき「掻きたくない。掻きたくない。掻けばアトピーが悪化してしまう」と、かゆみを我慢しようと必死で闘う。アトピーが悪化することが怖いので懸命に耐えようとする。しかし我慢では到底乗り越えることができないほどのかゆみなので、掻いてしまう。そして一度掻いてしまうとかゆみのギアは更にアップし、もう掻くことを止めることはできなくなる。かゆみが治まるまで血が噴き出すほど掻いてしまうのだ。

 時々「痒いのは我慢できるよ」とか「痒いのを我慢しないからアトピーが酷くなるんだ」などぶっ飛ばしてやりたいような発言をする人がいる。アトピーのかゆみを知らないからこんなことが言えるのだ。アトピーのかゆみがわかればこんなことはとても言えない。でもアトピーでない限りこのかゆみの辛さは分からないから仕方がないのかもしれない。

 ただ、「痒いのと痛いの、どっちが辛い?」その答えは決まっている。

By: a2gemma

 「断然、痒い方が辛いわ!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする