目のかすみ、ぼやけ。アトピーならそれは白内障かもしれない

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 目がかすんだり、ぼやけて見えにくい。こんなことはないだろうか?あなたがアトピーならそれは白内障かもしれない。アトピーを長期間患っており、かつ顔面の症状が強い場合は白内障になりやすいので注意が必要だ。実際、私も23歳のときに眼科医から白内障と診断された。30年以上アトピーを患っており、顔面の症状が強かったので白内障になってしまったのだろう。まずは白内障について説明しよう。

白内障とは

 白内障とは目の水晶体と呼ばれるレンズの役割をしている箇所が白く濁ってしまう病気だ。白く濁ることにより目のかすみやぼやけが現れる。40代で約40%、50代では約65%が白内障にかかっていると言われており、一般的には加齢により発症する病気だ。例えるなら白髪のようなもので、年を重ねれば誰でも発症してしまう病気だ。ではなぜアトピーの私は23歳で白内障になってしまったのだろうか?

アトピーと白内障の関係

 アトピー治療に使われるステロイド外用薬で白内障になると言われることがある。確かにステロイド外用薬の副作用で「白内障が発症する」と報告されている。しかし、白内障になる理由としてはステロイド外用薬の副作用だけではない。アトピーの顔面の症状が強い場合は目の周りを掻きむしったり、強く叩いてしまうことがある。これが白内障になる原因の一つと言われている。要するに目に強いダメージを与えてしまうことによって白内障になってしまうのだ。

 私の場合もステロイド外用薬の副作用と言うより、目に強いダメージを与えてしまったことで白内障になってしまったように思う。23歳までは重症アトピーを経験して毎日のように目の周りを掻きむしったり叩いたりしていた。しかし、その後アトピーが軽快してからは目を掻きむしることはなくなった。そしてアトピーが軽快してきた23歳頃から38歳の今まで白内障は全然進行していない。ステロイド外用薬は相変わらず使っているのに進行していないのだ。だから白内障になるのはステロイド外用薬の副作用と言うより、目に強いダメージ与えることの方が影響しているのだと思う。

白内障の副作用を恐れてステロイド外用薬をやめてはダメ

 「ステロイド外用薬には白内障の副作用がある」と聞いて突然ステロイド外用薬をやめる人がいる。しかし、これはかなり危険だ。なぜならステロイド外用薬をやめることによって顔面のアトピーが悪化し、更に白内障が進んでしまうことがあるからだ。ステロイド外用薬を急にやめると十中八九リバウンドでアトピーが悪化する。それも相当悪化する。アトピーの悪化は強烈なかゆみを引き起こす。かゆみで顔面を掻いたり叩いたりすることもあるだろう。そうなると白内障はますます進行してしまうのだ。だからまずは目を掻いたり叩いたりしないことが先決だ。そのためにはステロイド外用薬を適正に使って症状を抑えることが必要なのだ。

白内障になってしまったらどうすればいい

 目がかすんだりぼやけるようになったら、まず眼科に受診することが先決だ。それが白内障なのか他の病気なのかを判断してもらう必要がある。そして白内障ならその後の選択肢は次の3つだ。

①手術をする

 目のかすみやぼやけが強く生活に支障がある場合は手術になる。飲み薬や点眼薬で白内障を治す薬は今のところないからだ。ただ手術と言っても日帰りでできることも多く、そこまで心配することはない。

②点眼薬で進行を抑える

 目のかすみやぼやけはあるがそこまで生活に支障がない場合は点眼薬で経過観察することになる。ただ点眼薬を使っても治ることはない。進行をゆっくりさせるだけだ。しかもその作用に対して本当に効果があるのかどうか疑わしい点もある。

③何もせず経過観察する

 目のかすみやぼやけはあるが生活には全く支障がない場合は、何も治療をせず経過観察することもある。

眼科には通わなかった

 23歳のときに眼科医から「白内障だね。目薬をだしておくから使ってね」と言われた。それから眼科に通い目薬を指示通り使った。しかし、所詮、進行を抑える薬であり白内障を治す薬ではないので目のぼやけが治ることはなかった。今のところは生活に支障がある訳ではないので、別にそれでもいいかなと思っていた。ただこうなると薬を使い続けるモチベーションもどんどん下がってくる。しかもあるとき新聞で「白内障治療薬は有効性に関する十分な科学的根拠がない」と言う記事を見てしまった。要するに使っても意味がないかもしれないよと言うことだ。なおさら目薬を使い続けるモチベーションは下がり、結局半年程使い続けただけで眼科にも通わなくなった。そして現在に至っている。ただ目薬を使わなくても白内障は23歳のときから進行している様子はない。23歳の頃から何が変わったかと言うとアトピーが軽快したことだ。と言うことは「アトピーが軽快すれば白内障の進行も抑えられる」と言うことではないだろうか。

白内障になってもアトピー治療が先決

 アトピーで白内障になってしまった場合、大事なのはアトピーの治療を優先させることだ。アトピーが良い状態に保てないと白内障がどんどん進行してしまうからだ。そのためには目を掻いたり叩いたりしなくても良いようにステロイド外用薬やかゆみ止めを使いながら症状をコントロールすることが大切になってくるだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする