重症アトピーで仕事なんてできるか!~重症アトピーに社会的援助を~

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 アトピーは大人になって更に悪化することがある。昔は「大人になればアトピーは治る」と言われていたが、精神的ストレスや食生活の変化など生活スタイルの変化が影響しているのか大人になって酷くなるケースがある。

体を動かすこともままならない

 大人になってアトピーが悪化すると仕事にも影響がでてくる。アトピーの程度にもよるが、アトピーが酷い状態(重症アトピー)ではとてもじゃないが仕事なんてできない。私も重症アトピー経験者なのでその辛さはよくわかる。猛烈な痒み。掻くことによって見るも無惨な状態に変わっていく風貌。自分に対する自信なんてこれっぽっちもなくなっていく。更に体全体から浸出液が溢れ出し、体を動かすこともままならない状態になる。大袈裟ではなく本当だ。こんな状態では仕事に影響する。いや影響するどころかまともに働くことなんてできない。

重症アトピー患者には援助が必要

 ただ働かないと生きていけない。お金を稼がないと生活していけない。だから重症アトピー患者に社会的な援助があれば良いと思う。アトピーのことがわかっていない人は「甘ったれるなっ!」と言うかもしれないが、重症アトピー患者には社会的な援助が本当に必要だと思う。自分で働き、お金を稼ぎ、生活していくことが本当に厳しいからだ。

重症アトピー患者が住みやすい社会に・・・

 膨大な数のアトピー患者、国の財源不足などを考えると難しいかもしれないが、働くことが困難なほど重症化しているアトピー患者に限定して社会的な援助があれば良いと思う。例えばアトピー治療にかかる医療費が公費負担になれば随分助かるだろう。重症アトピー患者のために少しでも国が動いてくれて、住みやすい社会になれば良いと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする