顔にリドメックス軟膏を塗るとやはりよく効く

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 昨日はアトピーが悪化した状態だったので、応急処置的な方法として顔にリドメックス軟膏(体専用の薬)を塗った。更にかゆみ止めのオキサトミドを服用した。さすがに眠気がでやすいオキサトミド、服用後1時間程すると眠くなってきた。かゆみは少しあったがぐっすり眠ることができた。

 そして今日。その効果はてきめんだった。

 写真ではわかりづらいが顔の炎症がひいていた。相変わらずかぶれたような状態ではあるが、昨日と比べればかなりマシになっている。さらにかゆみも軽減しており肌がかさついてつっぱる感じも少なくなった。やはりステロイド外用薬の効果は強力だ。またオキサトミドの抗ヒスタミン作用も優れているのだろう。あと3,4日はこの方法で対応して、顔への塗り薬はロコイド軟膏に戻そうと思っている。

 しかし、なぜ突然アトピーが悪化したのだろうか?アトピーは増悪と寛解を繰り返す病気なのは重々わかっているがなぜ悪化したのだろう。思い当たることと言えば「季節の変わり目」「町内の掃除で紫外線をいつもより浴びた」ぐらいだ。そのほかは変わりなく生活している。いや前よりも規則正しく生活しているぐらいだ。う〜んはっきりとした答えはわからない。さすがは「アトピー=奇妙な」と言われる病気だ。

 最近は調子が良かったのでアトピーが突然悪化するとブルーになる。そして精神的にもちょっとしたことでイライラしてしまう。家族や職場の同僚にもいつもよりキツく当たってしまった。これは猛省しなければいけない。アトピーと楽しく付き合っていくと決めたからにはちょっと悪化したぐらいで気持ちがぐらついていたらダメだと思った。明日からは気をつけよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする