首のアトピー性皮膚炎はなかなか治らない

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 首のアトピー性皮膚炎はなかなか治らない。慢性的に炎症を起こしている。ステロイド外用薬を何十年と使って、ここ1年ほどはプロトピック軟膏に変えている。随分マシにはなったが炎症がスッキリとはとれない。まだまだ継続した薬物治療が必要な状態だ。本当に首のアトピーはなかなか治らない。

プロトピック軟膏は首に適している?

 首筋は薬の吸収が良い場所なのであまり強いステロイド外用薬が使えない。だから1年ほど前に医師と相談してプロトピック軟膏に変えてもらった。炎症の程度はプロトピック軟膏に変えてからマシになった。さすがステロイド外用薬と双璧をなすアトピー治療薬。

 ただ、それでも完璧に炎症が治まっている訳ではない。疲れが溜まったりするとすぐに肌に現れ、首の炎症の度合いも強くなる。

襟のあるシャツを好んで着る

bty

 首のアトピーは見た目にもわかる場所なので必要以上に気になってしまう。Tシャツはモロに見えてしまうので普段は襟のあるシャツを着るようにしている。まわりはそこまで気にしていないのだが当の本人は気にしてしまうのだ。

紫外線で首のアトピーが悪化しないように

 そしてこれからの時期は紫外線にも注意しないといけない。紫外線を浴びるとアトピー肌は一気に炎症を起こし真っ赤になる。元々炎症のある首筋が更に赤くなってしまうから危険だ。襟がある服を着ている理由は紫外線を防ぐ意味もある。これからは紫外線対策が必要なのだ。

首のアトピーはなかなか治らない

 首のアトピー性皮膚炎はなかなか治らない。長年の悩みで炎症が治まらないのだ。以前と比べるとプロトピック軟膏のおかげで少しは落ち着いてきたがまだまだ赤みが残っている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする