アトピーによる顔の赤みをなくすために

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

アトピーで何が一番辛いかというと顔に症状が現れることだ。カサついたり炎症を起こしたりして、容姿そのものが変貌してしまう。顔のアトピーは一番目立ち、一番気になり、一番何とかしたいところだ。

私のアトピーも顔に症状が現れており常に薄っすら赤くなっている。昔に比べると随分良くなったが、顔の赤みはやっぱり気になる。

この顔の赤みだが何とかする方法はないのだろうか?

基本的には薬をしっかり塗って良い状態をキープし続けることだろう。ステロイドなりプロトピックなりを指示通り使い続け炎症を鎮めることが一番だ。

「少し良くなってきたかな」ぐらいでやめてしまうと炎症は治らない。見えない皮膚の内部では炎症が燻っているから完全に抑え込まないといけないのだ。そのためには指示通り継続して薬を使うことがとても大切だ。

顔にステロイドを塗っていると副作用が心配になるかもしれない。

ただ、ステロイドによる副作用は適した強さのものを使っていれば現れにくいし、ステロイドを間欠的に使う方法もある。また、プロトピックはステロイドによる副作用が気になるケースにも使うことができ、顔や頸部への使用が適していると言われている。。

いずれにせよ顔の赤みを抑えるためには、炎症が完全に治るまで薬を使い続けなければいけない。

また、暴飲暴食や睡眠不足、便秘もアトピーによる顔の赤みを悪化させる原因になる。私の場合、カサついたり、肌のハリがなくなったりして炎症を起こしやすい。

さらには紫外線も要注意だ。一番紫外線を浴びやすいのが顔だ。紫外線はアトピーにとっては本当に厄介ですぐに肌のバリア機能を破壊して炎症を起こしてしまう。

曇りの日にほんのちょっと屋外にいただけで日焼けして赤くなる。「どんだけ弱いんだよ」と情けなくなることもあるが、アトピー肌とはそういうものだ。しっかりと紫外線対策をしなければいけない。

アトピーによる顔の赤みをなくすためには薬の継続使用や生活習慣、日常生活を注意することが大切なのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする