北海道胆振東部地震で被災したアトピーの方々に

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

北海道胆振東部地震で被災したアトピーの方々に支援物資の提供が始まる。

大阪市のNPO法人である日本アトピー協会が行うもので「浴用石鹸・洗濯石鹸・せっけんハンドソープ・保湿剤・水スプレー・タオル・マスク・肌着など ※内容は変更される場合あり」が送られるようだ。詳細は支援物資のお申し込みへ。

同じ患者としてアトピーのことを気にかけてくれる人がいるというだけで嬉しくなる。

被災した地域にはお年寄りや子供、重病の方が数多くいる。その人たちに手を差し伸べるは当然で優先されるべきだろう。

ただ、アトピーを患っている人たちも悪化しやすい環境に置かれ苦しい思いをしているはずだ。

アトピーは命にかかわる病気ではないので軽視されがちだが避難生活はとても大変だろう。自分の身に置き換えてみても想像を絶するほど色々なことがあると思う。

避難生活では満足に薬も使えないかもしれない。ほこりや汗まみれになっても入浴できず肌を清潔に保つこともできないかもしれない。大勢で暮らす避難所生活ではストレスがかかることもあるだろう。

アトピーは少しの生活の変化でも過敏に反応してすぐに悪化してしまう病気だ。普段の生活でもすぐに悪化することがあるのに避難生活は本当に大変で悪化している人のことを考えると胸が苦しくなる。

そんな中での日本アトピー協会による支援物資のニュースを聞いて嬉しくなった。このニュースを知らない人に少しでも届けたいと思いブログに書いてみた。

また、東日本大震災をきっかけに作られた「災害時のこどものアレルギー疾患対応パンフレット」も役立つことがあるかもしれないのでリンクを貼っておきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする