アトピーの私の顔は常にテカっている

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 私の顔は常にテカっている。テカテカでベトベトしている。それは塗り薬をたっぷり塗っているからだ。これぐらい塗った方がアトピーの調子が良いのだ。

ステロイド外用薬の「薄く伸ばして」は嘘!?

iStock_000018889887XSmall

 以前は薄く伸ばして薬を塗っていた。医師や薬剤師からそのような説明を受けていたし、塗り薬なんだからそれが当たり前だと思っていた。しかし、アトピーについて調べているうちにそれが間違いだと知った。アトピー治療の場合、ステロイド外用薬はたっぷり塗った方が良いのだ。

第一関節までとって手のひら二枚分

cream

 たっぷり塗らないと思うような効果が発揮されないようだ。具体的にはチューブ入りの薬の場合、指の第一関節まで薬をとって(約0.5g)手のひら二枚分の面積に塗るとされている。この量で塗ることが効果的とアトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016年版にも記載されている。この塗り方で塗っていると想像以上にたっぷりとなり、顔がテカるのは仕方がないのだ。

薬の効果を最大限発揮させる

 この量で塗るようになってからアトピーの状態が安定してきたように思う。顔のテカリは多少気になるがアトピーをより良くする方が大切だ。「本当にこれだけ必要?」とか「薬がもったいない」と思ってしまうかもしれないが、薬の効果を最大限発揮させたいならこの塗り方が本当におススメだ。

これからもテカリ続ける

 「何か顔がテカっていない?」と言われることがある。周りには「脂性なのかな?」と思われているかもしれない(笑)ただ、テカるほど薬を塗ることがアトピー治療には大切だと思う。これからも私の顔はテカリ続けるだろう。脂性と思われても気にしないのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする